20代のあわい恋愛のセッション…も、たまには。。。〜 人生それぞれのペースがある

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

週末の集中カウンセリングの記事を引き続き。
2度目のセッションの20代の女子の恋のカウンセリング。

前回は、次のキャリアのステップについてのセッションで、彼女の背中を押す内容に。

カウンセリング

今回のテーマについて、まずは話し合う。

彼女から出たテーマは、前回のセッションで出た内容をベースにアプリケーションを出している中で、その先の「次のステップの仕事」ということを提案される。

しかし、

まず、アプリケーションしている先の書類選考や面接があり、
どこの国に赴任できるかも分からず、どのような経験を2年間積むかもわからない「今」の問いではないのでは?と伝える。

テーマ

そのような会話をもとに、前回も聞いていた「彼がほしい」というもう一つのテーマについて、

・どういうパートナーが最善か?
・どうしたら、最善のパートナーと出会えるか?

というテーマでセッションをすることに決定。

メッセージ

マインドフルネス(瞑想)を2度行った後、セッション後のSさん感想は、こちら。

今回は悩みに対する私の本気度と比例してるのか、前回に比べて感じ取れるものが抽象的でした。

新しいインスピレーションというより、現段階の自分の思考の偏りと凝りをほぐしていただいたような、じんわり効いてくるくるセッションでした。

まずは否定から入らないことや具体的なイメージの持ち方など、タロットを通して得たインスピレーションにエミリアさんの冷静で的確なアドバイスが加わり、どっしり説得力のあるお言葉をくださって感謝しています!

感覚としてはまだモヤモヤしていますが、「具体的にどうしたら次に進みやすくなるか」を教えていただけたので、まずは自分の思考と行動を少しづつ変えてみます。

あとは自分のことは客観的には見えないのだな…とつくづく感じました。
今回も本当にありがとうございました!

という感想をいただく。

恋

彼女は、天使のような清らかなオーラをまとった素敵なピュアな女性。

大学生の頃まで、恋愛は避けていたということで、その後も、感覚がつかめていない様子がセッションでも、その後の会話でも伝わった。

カウンセリングの目的

カウンセリングの目的は、やはり他者から客観的に今の現状を捉えて、優先順位や本気度など確認しながら、自分と対話できるということかと。

彼女は、「恋愛」に対して、抽象的であったことに気づき、
自分の理想とする恋愛をイメージすることからスタートするように決め、その一歩を踏み出す行動を起こす。

私のカウンセリングの特徴は、あえて「答え」を示さないこと。
クライアントさんの内側から浮かび上がるものを、第一に、大切にする。

もちろん、アドバイスはするものの。。

ある人にとっては、それは満足できない内容で、もっとずばっと言い切って欲しいかも知れないけれど、
人は、誰かに言われたことは頭では把握できたとしても、しっくりこなかったり、行動に実際移せなかったり、、、

「わかってはいるけれど・・・」、と。

なので、私は、答えを急がずに、その方のタイミングで最適なセッションをすることを心がけている。

Sさんは、魅力的な女性で素敵な出会いがあることは、間違いない。
あと少しの準備、これからのキャリアのプロセスだったり、
恋愛をするという実感がもう少し具体的になれば、誠実で、安心感のあるパートナーが見つかることと。。。

■関連記事

人生は、仕事もプライベートもそれぞれのペースやタイミングがあると思います。
焦らずに、“今”に集中すること、それが遠回りに見えても、一番の道であったりしますよ。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。