【鞆の浦ランチ】鯛めし「鯛亭」〜 瀬戸内の鯛を贅沢に満喫できるお店。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

福山駅に到着し、バスに30分程度揺られて、鞆の浦に到着。
鯛めしが美味しいというお店へ。

鞆の浦

バス停から海沿いに船の方に向かう途中、
魚の加工している小さなお店だったり、

地元のタクシー業者のこのような可愛らしい乗り物も。

鯛亭

鯛メシが有名だという「鯛亭」に到着。
写真入りのメニュー。
(店内のメニューにはないので、外で選ぶのがいいかもしれません)

店内

厨房の中。

カウンター。

MENU

鯛めしのおすすめのメニュー。

その他のメニュー。

大将の真剣な料理をしている様子。

料理

ビール。
まずは、無事に到着した乾杯

先付けとお新香。

楽しみの料理は、このように豪華な。

オーダーは、

デラックス(鯛めし)(1650円)

鯛自慢(2100円)

を頼む。

鯛自慢は、お刺身が個別にもられているのと、
ご飯が鯛めしではない。

鯛めし

デラックスに含まれる「鯛めし」

鯛めし

鯛めしがお櫃の中に

鯛が入っていて、ふっくらとしていて、おいしい。

「鯛自慢」についてくる鯛のアラの煮付け。

お吸い物。

お店の近くからの風景。

美味しい昼食をとり、のどかな瀬戸内の空気感に、
これからの旅の楽しみが増す。

関西出身でもなかなかいく機会のない四国。
なかなかいい感じです。

◼️関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。