本田晃一「 癒しセミナー2018」 〜 ゆるーい生き方の良さ

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

本田晃一さんのセミナー。

先日とある講演に参加するため訪れた「癒しセミナー」で、

プログラムに、

ふと目に止まった。

本田晃一

チケットは売り切れていたけれど、

午前中の講演を聴き終わって、

念のため、

「チケットありますか?」

と、聞いてみると

「はい、当日券はありますよ」

と、、、

ラッキーだった。

本田晃一さんの本など、

いままで気になっていて、

ご本人の講演を生で聴ける機会に恵まれるとは。

講演

まず、冒頭に雑談のように始まる。

前半は、中国の出張のお話など。

中国の実情

中国で普及している「ウィーチャット」

露店などでも使えるのも、

もちろんのこと、

ホームレスが”QRコード”を提示して、

それで、決済している。

「値段てなんだろう?」

と感じたのだそう。

高額車の横に、お腹を出したTシャツ姿のおじさんとのコントラスト。

確かに、

以前、夏の北京に行った時に、

おじさんたちがいたるところでお腹を出していたなーと、

思い出す。

ヒマラヤ

APPの”ヒマラヤ”は、

中国の4億人がダウンロードしていて、

「投げ銭」ができるシステム。

1000円で最先端の学問の情報なども聞ける。

本田さんが、

社長と話していたら、

「35億の本社ビルを買う。」

と言っていて、見せてもらったら、

ビルのレベルでなかったと。

ヒマラヤ社長は、オーラがゼロで、

その辺のおっちゃんのようなのに・・・、

だそうだ。

同時翻訳

今は、英語と中国語の翻訳が進んでいて、

中国語と英語がAIを介して、

同時翻訳できる。

リアルタイムに自動で英語で翻訳。

音声入力は進んでいて、

さらに、

「4G→5G」の世界になると、

映画ダウンロード、

今5分かかっているものが、

1,2秒で対応できる。

AIも感情を理解してくる。

例えば、「本田晃一的なリアクション」がAIがやれる。

中国語と英語の同時翻訳。
リアルタイムに自動で英語で翻訳

上海で講演会、

それが、

同時に世界配信される時代。

音声入力は進んでいる
4G→5G
映画ダウンロード、5分が、1、2秒。

AIも感情を理解して来る
本田晃一的なリアクションがAIでやる。

ロケットで旅行?

元宇宙飛行士の山崎さんの旦那さんとの会話。

ロケットを上ではなく、

斜めに飛ばせば、「NY・成田間が45分」

なのだそう。

費用は、1000万円かかっても、

プライベートジェットを飛ばす人からすると安い?

20年後は、20万円でいけるかも?

そのための課題は、

入国に時間がかかっていたら意味がないので、

短縮する必要がある。

未来

国境や

言葉が

なくなっていく。

10年後、15年後、

それは、リアルに。

しかし、

言葉の壁は無くなっても、

文化、風習を理解していると、

住みやすくなる。

どんな人?

世の中の素晴らしいところを発見する人は、

「世界から発見される。」

世の中の何を見たいかが、
世界からそのように見られる。

感動バイブレーションがあると、
何かを感じる。

「こいつなんかすごい」

が伝わる。

Q&Aの時間

後半は、

質問の時間

経営で我慢する必要があるか?

お兄さんが営む整体のお店で務める方が、

得意でない、経営に注力する必要があるか?

との質問。

本田氏の答えは、

「誰か売り上げあげてくれないかなー。」

自分で欲しいものを自分出るのは、大変。

他力を使えると自由になる。

ブルーオーシャンを、誰かが見つけてくれる。

たとえ、

オリジン弁当は、

コンビニの横に出す。

なぜなら、コンビニは調査をし尽くして、

そこに出店をしているから。

「自分は楽しいことだけする。」

やりたくないことをやってもらえると神様に見える。

お互いハッピーで、

WINーWINの関係、

そして、ノーストレス。

補足

「自由な時間が欲しい」

という人は多いが、

時間を得て、

「何をしたい」

と言える人は少ない。

したいことで、

頭をいっぱいにする。

毎月何日かは妄想族。

そうすると実現する。

Q2:アイデアをどうすればいいか?

その答え、

まず、言いふらす。

ブログ、FB。

または、

影響力のある人に絡む。

著名人は、王道に店を出している人。

そのお客様たちを、

自分の小道に導く。

本田晃一氏、ご自身も、
コバンザメ商法で上がって来たと。

神田昌典と一緒にセミナー、

本田健のファンも来て、

心屋仁之助さんとも。

すごい人にも、

必ず、

すごくない部分がある。

その人たちにできないことをしたら、

それがハッピーに。

人脈を持っている人は、

物事を実現するスピードが早い。

もし、アイデアが取られることがあっても

「取られていいや」くらいに。

世の中が良くなれば、

業界や市場が大きくなればと思っていると、

必ず、返ってくる。

いいもの(アイデア)は遅かれ早かれ盗まれる。

盗まれるとしても、もっといいものを作ればいい。

真似する人は、表面だけで、根っこはわからない。

だから、すぐに枯れていく。

セルフイメージ

「世の中を豊かにする」

と思っている人、

セルフイメージが高い。

自分の人生をどうクリエイトしていくか?

出会いを求めるなら、

自分の大好きなところに出歩く。

そこで出会うとハッピー。

彼女とか、

奥さんがいて、

幸せそうな人とそばにいる。

幸せな人と一緒にいることが近道。

自分が勝手にバカにしやがって。
と思うけど、幸せな人は気にしていない。

「紹介して?」

と言えないのは、

劣等感が出てくるかレア。

劣等感を先に、正直にいう。

「どうしたらモテるか、教えてくんない?」

先に恥をかけるとすごい。

Q3 今後の進め方

法学部 政治を学び、飛び級など、

優秀な学生。

恵まれた環境で育ってこなかったので、

ハングリー精神があり、

「負けたくない」との思いが強い彼。

そんな彼に、

本田氏は、

「競争して勝って、

20代で力をつけるのはいいけれど、

それは、いつかバーンアウトする。」

誰かと競うのではなく、

「かっこいい」と思われる。

「その方がよくない?」

と、彼へ。

「その方が、生きやすい。」

「勝ち上がりたい人に、

政治を引っ張って欲しくない。笑」

最後は、笑いで。。。

最後に、

「チャンスは掴みにいく。」

と。

まとめ

本田晃一氏、

意外な人物像。

ご本人が、

ブログなどに、「全てネタばれさせていて、

それでいいと。」

セミナーなどには、

「感謝を伝えに来てくれれば」

とい言っていて、

本当に、

質問する人たちが、

開口一番

「晃ちゃんに、お礼を伝えたくて・・・」

と。本当に、そう思ったら、

そういう世界が作られるというのを目の前で見せてもらった。

自分の未来に制約をかけてるなー。

宇宙にもいくし、

ロケットで世界を飛びまわろう。

本田晃一氏の情報発信、

気に留めていこうと思った、

新たな出会いの1日。

みなさんも、マインドを変えてみませんか?

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。