下北沢「とよんちのたまご」〜 千葉県 房総 九十九里のこだわり卵

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

下北沢でぶらり歩いていると何やら変わった店構えのお店が。
たまご屋さんのようだ。

とよんちのたまご

千葉の九十九里の養鶏場から届いているということ。

こだわり

■とよんち

抗生剤や抗菌剤は一切使用せず、
カルシウムイオン水とミネラル豊富な自家配合の餌をたっぷりと食べているそうです。

店内にあるチラシ。
3種類のたまご。

下北沢だけでなく、千葉や高円寺、北千住などにも店舗があるそうです。

商品

王卵、豊卵、白卵。
夕方には、「王卵」以外は売り切れていた。

それぞれのたまごの一個あたりの価格。

王卵(41円)
豊卵(36円)
白卵(26円)

白卵であれば、手軽に買える価格設定。

他の商品

燻製のたまごなども。

卵以外にもバームクーヘンや、

プリンなども販売されている。

贈答用の箱もある。

パネルで、「とよんちのたまご」を使っている下北沢のお店が紹介されている。

食べるのが楽しみな卵のパック。

購入した前の日の採卵。

王卵(41円/個)で、何個からでも頼める。
今回は、8個(328円)購入。

パックを持ち込めば、10個入りのパックを持参すれば20円引きになるそうです。

たまごかけご飯

ちなみに、王卵の黄身の色はこんな色合いです。

混ぜても、このようにしっかりと黄身が主張している新鮮さ。

みなさんも下北沢を訪れた際に、卵も買ってみてはいかがでしょうか?

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。