【横手グルメ】B級グルメ「藤春食堂」|横手焼きそば四天王 10年連続

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

テレビ東京「世界!ニッポン行きたい人応援団」で、ハンガリー人の方が焼きそばに惚れ込み日本に来て、横手焼きそばの藤春食堂を訪れた番組を見て気になっていたお店。

冬だとかまくらなども名物だと思うけれど、秋田の横手にはこの「藤春食堂」を目当てに訪問。

番組の放送の模様は、こちらのダイジェストから。

◼️食べログ

ちなみに、横手焼きそば四天王というのは、このようなイベントを経て決定するようです。

藤春食堂は、四天王の称号が2009年から2019年まで連続で獲得されているとのこと。

アクセス

車やバイクで訪れる方が多いですが、電車でのアクセスのご参考に。
JR奥羽本線の横手駅から上りで一駅の無人駅「柳田駅」

このようなのどかな駅からの景色

こちらが駅舎。
電車の本数も限られていて、お手洗いもないので、ご注意を。

柳田駅を出て、駅を背に、駅前のこの道を歩く。

数分歩くと突き当たりに道路があり、そちらを左折

少し歩いて最初の信号を右に曲がる。

すると左手にバイク屋さんが見え、

その先に、この黄色の目印の藤春食堂が見えてくる。
炎天下でもこの行列。

藤春食堂

お店で食べるのを楽しみにしていたけれど、
7月の連休はコロナ対策でテイクアウトのみだそうです。

こちらの店先で注文し、
名前を告げるだのシンプルなオーダーシステム。

メニューはこちらに。

横手焼きそばは、初めて食べるので、おすすめがよくわかっておらず、勧められた「特製焼きそば」を取りあえず頼むことに。

店内

店内の様子。

写真や色紙がたくさん壁に貼られている。

そして、ツーリング途中の団体やカップルが続々とお店に。

テレビで観たお母さんもタオルで汗を拭きながら、せっせと焼き上げている。

あと何番かがわからないので、念のため、お店の前で待っているとソースの焼けた独特の匂いが漂ってくる。
これだけでも、価値があるのかも知れないと思うほど食欲をそそる香り。

途中、麺の配達の車が到着したり、地元密着の営業も垣間見る。

30分ほど待ったところで、名前が呼ばれる。
焼きそばは、お店の調理場のある窓から、このように。

こちらが念願の「横手焼きそば」

横手焼きそば

ソースと割り箸を入れていただいているうれしい気遣い。

特製焼きそば(税込 700円)

豚が1枚と目玉焼き
焼きそばは2人前くらいの量がある。

意外とキャベツなどは存在感がなく、
福神漬けがいいアクセントになっている。

まとめ

まさか秋田まで焼きそばを食べに来るとは思っていなかったけれど、年代を感じる店構えに、落ち着く焼きそばの味わい。

電車の乗り継ぎの間に食べられるかどうか、少し不安だったけれど、無事に食べることができて、短い滞在でしたが、のどかな駅周辺の景色とともに行ってよかったお店です。

柳田駅とお店の間にある神社。
食後や待ち時間の間のお参考に。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。