「子育て期 同期」と「ベルギービール」〜 神楽坂の夜

こんにちは。EmiLiaです。

みなさんは、仲良しの同期はいますか?

わたしは女性の同期の中でも、仲のいい数人のグループがいる。

新入社員のころ(過去の記事)

同期たち

それぞれのライフステージが異なり、子育てでなかなか預けられなかったり、仕事の都合がつかなかったり。

「また、行こうね」

と言葉を交わしつつ、タイミングを逸していたけど、新年度職場が変わるひとりがいたので、意を決して1ヶ月以上前から3人の日程調整。
(大袈裟?笑)

ベルギービール

神楽坂すみのひとりがお店をセレクトしてくれる。

BRUSSELS 神楽坂店

東京都新宿区矢来町75-1
03-3235-1890

さすがお酒が好きなメンバー。

わたしはというと、部長報告で、
結局30分以上遅れて合流。

大瓶のベルギービールは熟成が進んで、味に深みが出るとのこと。

瓶が既に空いていて、
2本目をオーダー。

最終的に何本開けたのか忘れたけど、ソムリエのようにおススメしてもらえる店員さんに好みを伝えて、次々と。
ビールソムリエ

それぞれの「悩み」

2歳の子育て真っ最中の彼女は、夜の朝の自宅勤務で、毎日睡眠時間が4,5時間しか確保できず、時間がないと。

もうひとりの子は、小学校高学年の息子くんが学校になじめず、毎日の格闘をしていると。

家庭がないわたしの
日々の悩みは、

プロジェクトの進行だったり、
後輩の育成だったりする。

会社で、

「元気?」

と、あいさつを交わすだけでは、出てこない現実的な悩み。

わたしが(いい加減な)アドバイスすることはできないけど、
彼女の気持ちに寄り添う。

濃厚なビールを何本も開けると、さすがにお腹がいっぱいになり、2軒目に。

ハシゴ、そして解散

1杯だけ頼んで終電の時間になり、それぞれ解散。

たくましい同期で、
仕事もできて、
人生のこのタイミングで、
目の前にあるテーマ。

「また、行こうね!」

と。

それは、
いつになるかわからないけど、
人生のどのタイミングで会っても、
磁石のように引き寄せられるみんなが

「好き」

真夜中のメッセージ

「帰れた?」

と、LINEが入った。

やりとりの中で、彼女にメッセージを送ったら、
返信が。

◯◯のことで毎日悩んでいるけど、EmiLiaにそういってもらえると、救われる

自分が経験していないから、
何もできないけど、
彼女の存在が素敵なことを伝えたかった。

息子くんにも「愛」が伝わっているはず
だと。

ひととして、
大きくなっていく彼女の背中をこれからも押して行こう。

ひっそり、と。

みなさんも、素敵な春の週末を。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。