【津グルメ】もつ鍋「おくゑ」〜 津駅、子連れでも大丈夫なお手軽なお店

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

伊勢神宮の帰りに立ち寄った三重の県庁所在地の津。
駅から徒歩圏のお店で、子連れもでも大丈夫な「おくゑ」の記事を。

おくゑ

路地に入ってのお店。

◼️食べログ

店内

細い通路がある黒基調の店内。

入って右側には、このように2人がけのボックス席のような感じで、落ち着く雰囲気でした。

奥には御座敷。

MENU

ドリンクメニュー。

フードメニュー。
一般的な単品料理。

そして、お店の看板料理の「もつ鍋」と「ジンギスカン」

お肉のおすすめも。

料理

お通しのキャベツ。

酢もつ(454円)
博多といえば、酢もつということで頼んでみる。

もつ焼きそば(723円)
ぷりっとしたもつが入っている焼きそば。

若どり唐揚(644円)
ごろっとした唐揚げ。

ほっくほくっのポテトフライ(551円)
3種類のスパイスで違う味わいを。

カリっと揚げたもつの唐揚げ(644円)
ぷりっとしたもつがそのまま唐揚げに。
(量はあまり食べられないかも知れないです)

メインのもつ鍋。
味は選択できるけれど、定番中の定番の味噌をチョイス。

このボリュームで3人前。

こちらは締めの特製チャンポン(380円)
プラスしてバター足し(84円)

まとめ

親子での訪問はうれしい、お店の受け入れ。
お酒は1,2杯づつでも大人ひとり3000円ほどで、満喫できるお店。

家族連れも大丈夫なので、三重観光の際のご参考に。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。