【伊勢神宮グルメ】伊勢市駅 伊勢うどん「山口屋」〜 ミシュランが認めた味、限定20膳「郷土食膳」てこね寿司

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

伊勢神宮 下宮をお詣りした際に立ち寄りたいミシュラン掲載のお店「山口屋」の記事を。

伊勢神宮 下宮の後に、月夜見宮へお詣りの道中に長蛇の列ができているお店を発見。

13時過ぎは、10名以上が並んでいました。
こちらの写真は、戻った際の14時ごろ。

◼️食べログ

◼️山口屋 HP

お店の前のリストに名前を書いて待つ。
少し時間を外れたお昼なので、前に名前があったのは3組。

お店の外には、記念撮影用のボートも。

ちなみに、駐車場は少し先にあるようです。

店内

その日は20分ほど待ち、案内される。

お店の内の様子。

店内にはメニューや著名人。

お茶を運んでもらい、お水は自由に。

MENU

オススメのメニュー。

20膳限定の「郷土食膳」

伊勢うどんやそば、きしめんのメニュー。

料理

今回お願いした限定の郷土食膳

伊勢名物のてこねすし

ちなみに、てこねすしについては、こちらをご参考に。

そして、伊勢名物の伊勢うどん
真っ黒のお汁。

初めて食べる珍味のサメのたれ

塩干ししたサメの肉で、軽くあぶって食べる。サメ肌どころか白くキメの細かな肉片で、鮫へのイメージがコロリと変わる伊勢志摩独特の珍味。
伊勢の家庭では昔から、ふつうの魚の切身のように焼いてご飯のおかずによし、また酒の肴にはもってこいとして重宝されながらも、日常でお馴染みのごく一般的な食べ物ですが、実はサメは古来、伊勢神宮では大きな祭典に欠かせない神饌のひとつでもあります。

ミシュラン愛知・岐阜・三重版に載っているそうだ。

こちらにも。
そして、お店は現金とPayPayも使えました。

帰り際のお店の風景。

店内の壁一面のメニュー。

まとめ

その日は、16時までで一旦受付が打ち切られていました。

伊勢うどんは、伊勢近辺でお店はたくさんあると思いますが、やはり、ミシュラン他、評価が高いお店ということで、ふっくらとした優しい食感と見た感じよりも出汁が意外に深みが。

内宮付近はおかげ横丁などありますが、伊勢神宮 下宮に訪れた際は候補のひとつとしてご参考までに。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。