【神保町グルメ】回転寿司「もり一 神保町店」|ちょっと個性的な駅近の回転寿司屋さん

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

神保町に用があり、ふらっと立ち寄れるお店として見つけた回転寿司のお店「もりー」

東京メトロ半蔵門線・都営新宿線/三田線神保町駅A2/3出口から2,3分。
JR水道橋駅 東口からは徒歩7分のところにあるお店。

■食べログ

もり一

大規模チェーンのお店とは違う空気が漂うお店。

店内

夜のピークの時間から少しづれていたので、

すぐに席に案内いただけた。

MENU

メニューの大半は一皿180円。

茶碗蒸しなども。

130円のメニューもあります。

ゼロ円メニューは、
笑顔だけでなく。

緑茶とマテ茶。

ガリも「白」と「ピンク」があり、
回転寿司屋さんなのに、
いろんな意外性があるサービス。

そして、赤舎利一筋17年だそうです。

寿司

おすすめのシメ鯖(180円)
こちらは三貫もあるので、お得感。

うに軍艦も180円。

可愛らしく載っている雲丹。

こちらのお店は一貫づつ「ハーフ」でオーダーでき、
お店の黒板にあった「石垣貝とみる貝」(180円)のハーフ。

大ばち鮪(180円)

ばち鮪大とろ(180円)

と、鮪の食べ比べで締める。

まとめ

ひと皿180円がメインという価格設定とお酒も飲まなかったので、これだけ食べて900円という驚くお会計。

あまり行く機会のない神保町だけれど、気軽に入れるお寿司屋さんを開拓できて、またふらっと立ち寄りたくなるカジュアルで満足感の高いお店でした。

系列店は錦糸町や船橋などもあるみたいですので、ご参考に。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。