【伊香保温泉】東京からのアクセス 〜 バスタ新宿からの群馬への高速バス

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

新型コロナ騒動で週末の予定がなくなり、せっかくなので普段いかない土地へ。
草津温泉には何度か行ったことがあるけれど、行きそうで行く機会がない伊香保へ今回は。

バスタ新宿

伊香保温泉へは、バスタ新宿からバスが出ている。
(八重洲からも1日1本は出ていてます。)

■JRバス関東HP

金額は、新宿から繁忙期で2850円/片道ですが、期間を事前にご確認ください。
草津温泉行きのバス。

2時間少々で伊香保へ到着。

途中、上里SAで一箇所休憩地点があります。
(20分ほどの休憩時間でした)

バスの降りるところは、「伊香保温泉」があり、

その次が「伊香保石段街」になります。
観光スポットは、石段街の方なので、ご注意を。

到着

伊香保石段街に到着。

ロータリーに、観光情報センターがある。

観光案内コーナー。
案内のチラシなど、情報収集ができるスポット。

名所案内だったり、

日帰り入浴施設の案内や、

おすすめのお昼処なども。
立ち寄ると、いろんな情報を参考に入手できます。

パネルには、温泉の案内など。

うれしいサービスは、こちらの案内所の横にあるコインロッカー。
100円のリターン式といううれしいサービス。

ロータリーの前には駐車場もあり、サクッと観光する際には便利なロケーション。

伊香保温泉

かの有名な伊香保の石段。

伊香保温泉の石碑が入り口にある。

ここから、伊香保神社に続く、365段の階段が続く。

石段の歴史が説明されたパネル。

 復路、東京へ。

伊香保を満喫しての復路。

同じロータリーからJRバス関東。

帰りのバスが到着。

まとめ

箱根などに比べると少し精神的距離を感じる伊香保温泉。

2時間半ほどで温泉の入り口に行けて、源泉の温泉が堪能できる温泉街なので、意外にみじかなところかと思いました。

東京近辺で、日帰りや1泊で温泉を検討されている方のご参考になれば。。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。