【新橋グルメ】ホルモン焼き「ホルモン鶴松」〜 コスパの高い新橋のお財布に優しいホルモン屋

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

新橋のSL広場から近くにあるコスパの高いホルモン屋「植松」
意外に若い人が多い人気店。

ホルモン鶴松

■食べログ

大きな提灯が印象的なお店の入り口。

店先にあるメニュー。

店内

混み合っている店内。

テーブル席に案内される。

テーブルからの目線。
テーブルの下にカゴがあり、ブルーのゴミ袋があり、服やカバンをそちらに入れる。

MENU

DRINK

生ビール(490円)、
この日は違いましたが19時まではハッピーアワーで290円になるようです。

サワー系は390円ほどの価格設定。

FOOD

焼き物、おつまみ、ご飯とシンプルなメニュー構成。

味付けが選べることができ、
おすすめの生ロースの焼き方が壁面に。

料理

七輪に炭火、
この価格帯のお店でうれしい。

乾杯は生ビール。

テーブルにある調味料。
タレに塩、薬味。

おつまみ

おつまみで頼んだキムチ(290円)

酢モツ(350円)
いわゆる酢モツとは違い部位は、コブクロ近くの部分だそう。

### ホルモン

豚ホルモン(350円)

ナンコツ(350円)、タン(390円)
薄いナンコツと分厚いタン。

映えないですが、、、
炭火で焼き加減も楽しめる時間。

シマチョウ(490円)、コブクロ(390円)
コブクロはしっかり焼いて、歯ごたえがコリコリと楽しめる部位。

締めは、ホルモン(590円)
こちらは牛のホルモン。

大衆的な居酒屋でメニューにあると頼みたくなるバイスサワー(390円)

ホルモンを焼きながら楽しい会話を広げる若者たちが眩しかったり。

まとめ

雰囲気とホルモンの質とコスパが高いお店。
新橋のなせる技、、、。

お会計は、お酒を2杯づつ飲んでひとり3000円ほど。
締めの冷麺などは頼んでないのも控えめだったのかも知れませんが、なかなかいいお店でした。

新橋でぶらりと訪れたくなるお店のひとつになるかと思いますので、ご参考に。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。