鳥羽 夫婦岩 二見興玉神社で浜参宮〜 ご来光を毎朝浴びれる?

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

姉一家との鳥羽旅行。
翌日のお伊勢参りの前に、鳥羽の夫婦岩、二見興玉神社のお詣りからスタート。

二見興玉神社

これまで伊勢神宮にいきなりお詣りしていたけれど、

今回調べてみると「二見興玉神社→ 伊勢神宮 外宮 → 内宮」という順序が本来の回り方だそうだ。

ということで、小雨の中、二見興玉神社の鳥居をくぐる。

祭神は、猿田彦大神。

カエルの背に見える、夫婦岩。

天の岩屋

一番手前の天の岩屋。

禊祓の輪。

身体の悪いところに触れてお納めするのだそうだ。

見えにくいけれど、奥に見える岩屋。

手水舎

こちらにも蛙。

身を清めるだけでなく、
書いているとおり、手前のカエルに水をかける。

蛙さんたち、愛着がわく感じ。

身を清めて、夫婦岩を見ながら本殿に向かう。

本殿

本殿にお詣り。

妊娠中の姉は、禊祓の輪をお腹周りに触れて、お納めさせていただいた。

蛙みくじを引く、姪と甥。

それぞれ、大吉と小吉でいい年になりそうだ。

本殿を過ぎて、夫婦岩へ。

大注連縄(おおしめなわ)は先月変えられたばかりだからか縄が若々しく、力強い。

鳥居の奥に見える夫婦岩にもお詣りする。

絵馬もたくさんかけられている。
夫婦岩にお参りし、手前の「夫婦円満」を奉納するというのがほほえましい。

神職様の列。

なぜここにあるのかわからないけれど、おおしゃこがい。

御光札

昨年お詣りした時も気になっていた御光札。

1ヶ月掲示してもらうのに、1000円のお納めでお願いできる。

毎朝、天照大神の御来光に照らされるという。

姉も同じく気になったらしく、義理の兄と私と、

申し込ませていただく。

「札が埋まっていて、2/1から1ヶ月の掲示になります」と言われる。

逆に、旧暦の新年あたりに合わせて、御来光を得られるようで、偶然だけれど、嬉しい。

2/1から日射しが和らぐ季節。
毎日、御来光を浴びれることを想像するだけで、ワクワクする。

しかも、掲示されているところは、写真を送ってくださるそうだ。

私たちの願いを祈ってくれているような、可愛らしい蛙たち。

二見興玉神社で、清々しい気持ちになり、

そこから、伊勢神宮に向かう。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします