【原宿ランチ】手軽な遅めのお昼「原宿餃子楼」|ビールとともにサク飲みを堪能

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

原宿に出かけ、少しビールでも飲みたいと思っていたら意外に原宿近辺で昼飲みできるところが意外になく、行き着いたのは「原宿餃子楼」
ふらりと訪れた餃子専門店が意外にいい感じを醸しだすとお店でしたので記事に。

今のご時世なのでお持ち帰りについても看板でご案内。

原宿餃子楼

■食べログ

武蔵小杉にも店舗があるそうです。

店内

カウンター中心の店内ですが、
左手にはテーブル席。

U字型の大きなカウンター。

ゆったりとしたスペースのテーブル席に案内される。

カウンターの中心には餃子を焼く煙が充満。

MENU

海外の方にも親切な写真付きのメニュー。

こちらは歴史を感じるメニュー。
餃子(290円)、生ビール(500円)と良心的な価格。

焼餃子と水餃子に加え、
しそ餃子(340円)もあるそうです。

料理

生ビールがまず運ばれてくる。

焼餃子(ノーマル・しそ)と水餃子

焼餃子(2人前)

水餃子(1人前)

焼き餃子の中の具はこのように、ジューシーという訳ではないけれど、ビールとともに美味しく食べれる一皿。

焼き餃子のしそは、紫蘇の風味が口の中に広がる。

まとめ

いかがですが、原宿の交差点から少し入った裏原にあるコスパの高いお店でした。

カフェな気分でもない時に、1000円プラスαほどで、ビールと餃子を楽しめるのはオプションとしては、いいと思いますので、これからのビールが美味しい季節のご参考に。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。