姉の「大きすぎる器」を認識するできごと 〜 姉への想い

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

三連休はいかがでしたか?

お天気にも恵まれ、

秋を貴重な週末を満喫されたかと。

先日、姪の誕生の日。

姉の妊娠のことに触れた記事。

<過去記事>

その夜

数週間前の土曜日、

姉からのLINEに。

涙、

なみだ、

ナミダ、

それでも、

涙と、

止まらず。

姉とのやりとり

家に帰って、

姉へ。

泣きながら打つ文章、

心なしかそっけない文面になってしまう。

想定した返事

想定していたのは、

「 大丈夫、

気持ちだけもらっておくね 」

とかとか!?

いわゆる、

普通の会話。

姉の返事

それなのに、

姉からは。。。

「 お肉待ってます!」

???

「えっ?」

でも、

「姉らしいかな?」

と思い、

賑やかな食卓になるよう、翌週末にお肉が届くように頼んでおく。

29(にく)の日

たまたまだけれど、

29日に届くことに。

夜解凍して食べれるように、

朝着に指定したけれど、結果、午後に。

焼肉パーティー

団欒の様子が、

写真で届けられると思いきや、

食べ終わった後の片付けのついでに送ってきたような?

お肉を前に、育ち盛りの子ども3人のエネルギーって、

すごいんだろうな?

そう思いを馳せつつ、

両親も、もういない中で、

このような「気を遣わない姉妹の関係」が、

ちょうどいい感じかも知れない。

姉から

週末に再びLINEが、姉から。

「 そういえば、この前、

バイオリニストの高嶋さんのテレビ見た?

ダウン症のお姉さんとの関係がいいなぁと思って 」

と。

どこまでも・・・

姉の(お腹の)姪への愛は、

わたしが思うより、

どこまでも、

どこまでも、

深いのだろうと思えた、瞬間。

姉には不安なことでは、

決してないらしい。

人間としての器

子どもの頃から、

器が大きいと思っていた「ひと」だけど、

ひととしての厚み、

測り知れない「器の大きさ」なんだと思う。

そんな姉に

できることはしたいと、

思える。

お守り

そして、

お守りを買ったことを伝えると、

「わぁ(星)、ありがとう❤️(ハート)」

と素直に全てを受け取れる姉。

出産予定日の春まで、

陰ながら妹として、

できることを支えたいと・・・。

みなさんも、ご家族と、かけがえのない「絆」を感じていますか?

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。