【横浜グルメ】関内 「炭火焼鳥あずま」こだわりの焼鳥でサク飲み 〜 おじさまたちとの出会い

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

年に一度の翌日のイベントの準備のために、横浜へ。

夜遅くまで準備がかかることがあるので、通えるけど、念のためホテルに宿泊。
しかし、自分の担当領域は意外にトラブルなく準備完了。

他のメンバーは、まだまだ終わりそうになく、
ひとりでホテルへ向かい、Check-inして近場で食事をとることにする。

食べログの百名店にも選ばれている焼き鳥屋さん。

簡単にメニューを店先で確認する。

店内

カウンターに案内される。

入れ替わる前で、混み合った店内。

目の前には、焼酎の瓶がずらっと。

お通し

ビールとお通しのキャベツと。

料理

酢モツ

ぼんじり、ナンコツ。

ジューシーな焼き加減。

白レバー、ちょうどいいレアな焼き加減。

珍しい「チーズ」のささみ、
手羽先。

MENU

Drink

一般的なドリンクメニュー。

焼酎。

日本酒も。

FOOD

メニューは、こんな感じの。

まとめ

さすが、百名店に選ばれているお店。

鳥がジューシーで、ジャズが流れることでも有名だそうで、今度は、またゆっくりと行きたいと。。。

つづき

メニューも全て出てきて、そろそろ帰ろうと思っていたところ、
お隣の70歳前後くらいの男性3人組に写真を撮って欲しいとお願いされ、パシャっ。

「お姉さん、日本人?ひとり??」

と、そこから、話しかけられ、最後にボトルに残っていた白ワインをなみなみとついていただき、乾杯。

お会計を済ませ、「では・・・」と失礼しようとすると、
「美味しいピザをお姉さんに食べさせたいから、もう一軒行こうよ!」と。

「少しなら。。」と、お店をでて。

それは、また別の記事で。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。