松陰神社 初詣 〜 大吉「気旺ならば天下に難事なし」

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

先週末に、初詣を済ませていたけれど、
松陰神社がいいよとオススメされて、予定の前にお詣りをすることに。

松陰神社

なぜ、吉田松陰を祀る神社が世田谷区にあるのか?
以前から疑問だったけれど、これを機にお勉強。

昔の鳥居の扁額。

松陰神社の由来を確認し、鳥居をくぐる。

境内には吉田松陰の銅像が。

手水舎

1月も半ばなので、あまり混んでいない。

手水舎の裏には石碑が。

神社道があったとは、歴史を感じる。

本殿

このお賽銭の幅は、新年はさぞかしの参拝客で賑わったのだろうと思う。

正式参拝されている方の後ろで、お詣りする。

大きなご神体の鏡が直接見え、自分の姿が映されるので、
通常の神社でご神体を見ることはないので、はっとする。

松下村塾

本殿の右手にある松下村塾(模造)

土日祝は、雨戸が解放されているそうだ。

松下村塾の由来。

別の説明も。

松下村塾、講義室の正面。

講義室を斜め横から。
こんな狭い空間で、幕末、日本の将来を左右する人材が育成されていたのだと思うと感慨が。

松陰先生の記念石碑も、50年、100年と。

奥の和室も外から眺める。

松下村塾の敷地の中にも銅像が建てられている。

松下村塾の方から本殿、墓所の方向の写真。

お守り

松陰神社だけあり、

「合格祈願お守りセット」、「志守」、「仕事開運守り」など、
通常の神社で見ないお守りもある。

おみくじ

おみくじはあまりひかないので、
先週の初詣でも、ひかなかった。

でも、松陰先生からのメッセージは気になるので、

引いてみる。

2019年、

初めてのおみくじ。

ドキドキっ。

で、

なんと、

「大吉」

「気旺ならば天下に難事なし」

うれしい、メッセージが松陰先生から。

また、願望、商売、転居なども、いい感じだ。

石灯篭

32基の灯篭の説明。
幕末、維新の有名な人たち。

吉田松陰 墓所

本殿から向かって左側に墓地が。

鳥居をくぐる。

二つ目の鳥居も潜り。

正面にお墓が。

真ん中が吉田松陰のお墓。

他の烈士のお墓とともに。

松陰神社のお参りのつもりが、松下村塾やお墓参りもさせていただき、
新年の志を新たにした初詣になりました。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。