奥渋「イベリコ豚おんどる焼 裏渋屋」〜 イベリコ豚と贅沢なフォアグラ鍋

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

知り合いが設定してくれた食事会。
奥渋谷にある「イベリコ豚おんどる焼 裏渋屋」で初めてのイベリコ豚三昧とフォアグラ鍋と。

■イベリコ豚 おんどる焼 裏渋屋

神泉

京王井の頭線 神泉駅から2,3分の距離。
渋谷からだと10分ほどのお店。

奥渋に位置する「裏渋屋」

店内

お肉に、ワインに説明が所狭しと。

店内は、20名ほどで満席の規模。

日本各地だったり、ウユニ塩湖、バリ、韓国などなどこだわりの塩。

料理

まずはお通しとして、
タンチャーシュー、イベリコ豚のミンチが入った餃子。

タンは、味がしっかりついていて、柔らか目の食感。

奥に見えるスティック野菜とトマト、そしてビール。

野菜は、こだわりのお塩とともに。

イベリコ豚

肩ロースの炙り。

目の前で炙られると食欲がそそられる。

豚の部位もお店に貼られていて、肩ロースを確認。

肉寿司

肩ロースの握り。

再び、炙り。

ネギが敷き詰められ、お鍋の準備。

フォアグラ‼︎‼︎

こんな塊のフォアグラ見ることがありますか??

フォアグラだけでなく、鴨も。

キノコ類。

フォアグラが鍋へ。

フォアグラの脂が少しづつ、

こんな感じにどんどんとジューシーに。

こんな感じに火を通して・・・。

黄身入りのタレ。

口に広がるフォアグラの豊かな味わい。

フォアグラを味わって、カモも。

鍋にカモをどんどんと。

キノコもたっぷりと入れて。

カツサンド

ボリューミーなカツサンド

キノコをしんなりと食べた後に、豆乳を入れて、豆乳鍋に変化。

しゃぶしゃぶ!!!

それに加えて、しゃぶしゃぶもですよ。

巨大ハンバーク

さらにさらに、ギャートルズを連想させる大きな大きなハンバーグ

締めはパスタで。

お口直しも。

イベリコ豚やフォアグラをこんなに食べたのは人生で初のこと。

頻繁に通ったら大変なことになりそうですが、こんな夜もいいかと・・・。

■関連記事

みなさんもぜひ至福の時を・・・。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします