【江ノ島ランチ】生しらす「とびっちょ本店」〜 手軽に新鮮な生しらすを江ノ島観光の合間に。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

江ノ島を訪れるとつい食べたくなる「生しらす丼」。
今回も、とびっちょに再訪。

前回は、弁財天仲見世通りにある店舗「しらすづくし御膳」をいただいた記事。

■食べログ

いつものように、お店の前のベンチで並んでいるお客さん。

整理券を取って、まずは江島神社へ。
お昼の時間より少しずれていたけれど、
普段の週末より短い待ち時間の30分だった。

弁財天仲見世通り店の店先には、
手軽にしらすを食べられるテイクアウトが販売されている。

本店

江島神社にお詣りして、
再び本店へ。

メニューのサンプル。

30分後に戻ると、
すでに番号は呼ばれていて、

再び呼ばれるまで、
店先の商品を見ながら時間を潰す。

数分待って、店内へ案内をされる。

その日のおすすめの品は、
入り口のボードで説明。

店内

2Fの座席数の方が多いけれど、
今回案内されたのは1F。

L字型のカウンター席。

そして、入り口近くのテーブル席。

MENU

以前は、生しらすと釜揚げだけだったけれど、
沖漬けメニューが始まったようだ。

定番の丼のメニュー。

お刺身や一品メニューなど。

御膳などのセットメニュー。

料理

ビールをお願いして、

運ばれるまでには時間が少しかかって、
お料理が運ばれる。

今回はじめて頼んだ「三崎マグロしらす丼」(税抜き 1,590円)

三崎産の本マグロの中トロと赤身が、
ふた切れづつ。

ネギトロも添えられていた。

丼についている、
岩のりの味噌汁温泉卵(or 生卵)

しらすの美味しい食べ方は、
このように説明されている。

生しらすの獲れる量が限られているとのことで、
「生しらす丼」のみは頼めないとのことでした。

個人的には、せっかくなので、たっぷりと食べたい気持ちはありますが、
それでも江ノ島で新鮮なしらすを食べれるのは幸せです。

みなさんの江ノ島でのお食事の参考になれば。

■関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。