【神楽坂グルメ】CRAFT BEER SERVER LAND 〜 飯田橋からすぐのクラフトビールが堪能できるビアバー

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

10月に訪問して、会社の同僚との飲み会で再訪した飯田橋のビアバー。

東京メトロだと飯田橋駅 B3出口から坂を少しあがったところにあるお店.

◼️食べログ

CRAFT BEER SERVER LAND

坂を上る左手にある看板。

下った方から見るとこちらが目に留まる。

お店は地下だけれど、階段付近にその日のメニューが。

そして、階段を下りる。

踊り場にあるお店の名前が入ったプレートを確認し、

店内へ。

店内

店内の雰囲気。

こちらは、入り口から右側のスペース。

カウンターの奥に様々なビールサーバーがある。
カウンターには常連らしき方々。

壁側にはおひとり様も気軽に入れるようなカウンター席。

MENU

DRINK

このようにその日のビールのラインアップが。
どのビールもワンパインと890円と、
一般的なクラフトビールよりもお安くて、うれしい価格設定。

日本酒と焼酎メニュー。

FOOD

その日の食材に応じたおすすめのメニュー。
FISH&CHIPSが穴子だったり、選ぶのが楽しい。

フライドポテトなどの定番メニュー。

デザートも。

牡蠣フライなどがカウンターの中の黒板に。

料理

こちらは、お通しのチップス。

1杯目は、妙高高原ビールのヴァイツェン。

お料理は、穴子のFISH&CHIPS(1480円)、フライドポテト(680円)、ソーセージの盛り合わせ(1200円)、トンテキ(1030円)などなどを頼む・・・。

けれど、突如、長年彼氏ができないと相談を受けていた後輩が結婚するとの告白に、写真どころではなくなり、撮り忘れるという失態を。。。

前回訪問時

ということで、

申し訳なさを前回のお料理の写真でカバー。。。

その日のサラダ。

青葉が利いたパスタ。

まとめ

クラフトビールをたっぷり堪能して、
料理もFISH&CHIPSやフライドポテトなどの定番も頼んで、ひとり6000円でお釣りがくる。

雰囲気も賑やか過ぎず、クラフトビール好きにはなかなかいいお店です。

2軒目にも使えると思いますので、神楽坂のお店選びのご参考に。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。