双子の卵は「二黄卵」〜 ツイてる朝の出来事

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

スーパーのオーガニックの卵をたまたま購入したところ。

双子?

朝ごはんの炒め物に卵を割ったところ、
はじめて「黄身がふたつ」の卵に遭遇!

二黄卵

調べてみたところ、「二黄卵」というそうです。

たまごを割ったときに「黄身が二つ出てきてラッキー!」なんてことはありませんか。実はこれ、産卵を開始して間もない若鶏に多く見られる現象です。

産卵開始初期のニワトリは、卵巣と卵管が未成熟なために産卵リズムやホルモンの分泌機能が不安定で、2個の卵黄が同時または短い間隔で連続して排卵され、そのまま卵が形成されたものです。

※ 引用:ヨード卵光 HP「教えてたまご先生」

若鶏に多く見られるのだとか。
今回は、平飼いの卵だったので、特に、自然な生命力の特徴がでたのかな?と。

いずれにしても、ラッキーな朝。

偶然なだけでなく「二黄卵」としても販売していることを知る。

ふと、目を向ける日々の小さな幸せ。

そして、「二黄卵」ということも、意外によく起こることだとも学べた日に。

◼️関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。