今ごろは?〜 新型コロナの影響を年度末に思う

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

本日は、年度末の最終日の方も多いのではないでしょうか?
ふと、1年前を振り返り思うことを記事に。

1年前

一年前の今日は、当時のチームメンバーと合宿をしていたようです。

そして、新たな上司と始まった新年度の出来事はこのように。

巡礼の旅

その当時、考えていたこと。
それは、2月、3月にスペインの巡礼地、サンティアゴ・デ・コンポステーラに行こうと。

最近、「今、その道を進んでいたらどうなっていたのだろう?」と考えることが。

スペインといえば、今、世界有数の新型コロナの感染者が多数発生し、シリアスな状況になっている。

もし、そこに自分がいたらどうなっていたのだろうか?

すべてが最善に

すべてがうまくいく、というような楽観主義者でもないけれど、
振り返ると、すべてがうまく行っている。

すべてが意味があるような。

みなさんの人生も、そうではないですか?

目の前のつまづきにフォーカスするのではなく、
そんな大きな流れ、意味を感じながら日々を過ごすと、
また違う景色が目の前に広がるのかも知れません。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。