比叡山 延暦寺「不滅の法灯」ライブ配信 〜 癒される灯火をYouTubeで。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

先日ご紹介をした比叡山 延暦寺の不滅の法灯のライブ映像。
それが24時間限定が解除されているようなので、改めて。

不滅の法灯

5/11より24時間限定で公開されるということで、ご案内した記事はこちら。

その後も、YouTubeで公開されてるようなので、再度、ご案内を。

比叡山 延暦寺の公式HPのリンクはこちらになります。

1200年前、伝教大師最澄様によって御仏へ供えられたこの灯かりは、全ての人々を救わんとする最澄様のお志の証として大切に守られ、1200年の時を経た今も延暦寺に輝き続けています。

「一隅を照らす 此れ則ち国宝なり」

今いるその場所であなた自身が輝くこと。ひとすみに輝くその光は、やがてあたたかく世界を照らすでしょう。
深い縁に包まれる自分自身を大切に。思いやりをもって他者の幸せを念じて。
世界中の人々が安らかでありますように。

Fumetsu no Hoto / The eternal Dharma Light Mt Hiei Enryakuji

The light which was offered to the Buddha 1,200 years ago by Dengyo Daishi, is a sign of his wish to receive mercy, compassion, hope, emotional support and the teachings of Buddhism. The light has been shining and continues to shine at the Enryakuji Temple for over 1,200 years.

“It is a national treasure that a person who brightens at the corner of the world.”

The light will shine where you are now. It will shine here and in time, it will shine and protect the world.

Fumetsu no Hoto/ La Flamme éternelle du Dharma, Enryakuji, Mont Hiei

La flamme qui a été offerte au Bouddha il y a 1200 ans par Dengyo Daishi, est un signe de son souhait de recevoir clémence, compassion, espoir, soutien émotionnel ainsi que les enseignements du Bouddhisme. La flamme a brillé, et continue de briller au Temple d’Enryakuji depuis plus de 1200 ans.

“Celui ou celle qui illumine un coin du monde est un trésor national”

La flamme brillera où tu te trouves maintenant. Elle brillera ici, et à un moment donné elle brillera pour protéger le monde entier.

Translation in portuguese:

Fumetsu no Hoto- A Luz Eterna do Darma

A luz que foi oferecida ao Buda por Dengyo Daishi há 1200 anos é um símbolo de seu desejo de receber misericórdia, compaixão, esperança, suporte emocional e os ensinamentos do Budismo. Esta luz brilhou e continua a brilhar por 1200 anos no templo Enryakuji”.

” O grande tesouro da nação
é uma pessoa que brilha em todos os cantos do mundo”

A luz irá brilhar onde você está neste momento. Ela brilha aqui e brilhará sempre para iluminar e proteger o mundo.

灯火
※ イメージ画像

落ち着く空気

先日は、「今しか見れない」というありがたみが先行した時間だったけれど、今は、YouTubeを開くたびに一瞬見たくなる「不滅の法灯」

世界中でいっときに数十人が同じ日を見つめている。
そして、その灯火からなんらかのものを受けっている・・・。

その意味合いの余白も含めて、「今」しかできないことに集中するということを思い出させてくれるもの。

みなさんも公開されている今だからできる体験をしませんか?

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。