【比叡山延暦寺】「不滅の法灯(ふめつのほうとう)」〜 1200年の祈りのLIVE配信

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

24時間限定でライブ配信されている比叡山延暦寺で1200年絶やすことなく続く「不滅の法灯」についてシェアさせていただきます。

1月に訪れた延暦寺の記事はこちらから。

また、根本中堂で伺った弘法大師の教え「一隅を照らす 此れ則ち国宝なり
1200年の間、灯火を絶やさないこと、小さなことの継続の大切さについて教わったことの振り返りはこの記事に。

その「不滅の法灯」がYouTubeでの24時間ライブ配信が5/11(本日)よりされています。

コロナ災禍

世界中を震撼させている新型コロナの災禍に際し、
人々の心の平穏を共に祈り、願うことが目的だという。

比叡山延暦寺へ、直接参拝しても、見ることができない「不滅の法灯

不滅の法灯

公式HPで、今回のイベントについてのPRがされています。

■比叡山 延暦寺 不滅の法灯について

1200年前、伝教大師最澄様によって御仏へ供えられたこの灯かりは、全ての人々を救わんとする最澄様のお志の証として大切に守られ、1200年の時を経た今も延暦寺に輝き続けています。

「一隅を照らす 此れ則ち国宝なり」

今いるその場所であなた自身が輝くこと。ひとすみに輝くその光は、やがてあたたかく世界を照らすでしょう。
深い縁に包まれる自分自身を大切に。思いやりをもって他者の幸せを念じて。
世界中の人々が安らかでありますように。

■ 不滅の法灯 LIVE配信

みなさん、日頃は見ることができない「不滅の法灯」の「今」
灯火のゆるやかで、凛とした揺れを数分でも見てみませんか?

些細なことを積み重ねる1200年の重みの片鱗を感じられるような・・・。

根本中堂

そんな厳かな空気を、みなさんご自身のそれぞれの営みの場で感じる、
その感覚が少しでも伝わればと。

以前駐在し、住んでいた国の悲惨なコロナの被害の生々しい状況を聞いたそんな日に、祈りを込めて。。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。