【台北グルメ】小龍包「點水樓(ディエンシュイロウ)」〜 台北駅近くのNo.1のお店に。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

ニュージーランドの旅で、帰りのトランジットで台北に一泊し、グルメを堪能。

點水樓(ディエンシュイロウ)

台湾といえば、小龍包。
数々の賞などを受賞しているお店「點水樓(ディエンシュイロウ)」

泊まっている宿の雑誌で、確認して訪れることに。

大衆的な看板。

お店の入り口。

MENU

オススメのメニューがランキング形式に。

中華料理の主なメニュー。

小龍包などの蒸し物。

スープなどのメニュー。

お鍋も。

小龍包は、味の種類があり、
各味の小龍包と、お試しセットも。

こちらのように、日本語のパンフレットでも説明が。

テーブルにも。
日本人に受けそうなシンプルなメニュー。

デザートメニューもある。

店内

1Fはテーブル席。

数名単位のテーブル。
年末年始だけあり、席の8割以上は日本人の観光客のような印象。

席につくと、お茶もポットで用意されていて、うれしい。

小龍包にたっぷりつけられる生姜。

2階

お店は2Fにもある。

宴会スペースがメイン。
お手洗いも2Fのみ。

料理

飲み物を頼んだビール、「台湾ビール」
数年前に訪れた際に、何度も飲んで懐かしい。

オーダーしてから、10分以上待ったかもしれない。
小龍包が蒸し、蒸しと煙の中で登場。

小龍包(小)〔$120〕
※ ノーマルは10個ドル220

エビと瓜の小龍包(小)〔$220〕
※ ノーマル10個は$420

少ししてから、サービスという豆腐の小皿をいただく。

まとめ

お会計は、ビールと小籠包の小皿を二つ頼んで、517ドル(約1900円)
※ 2020年1月換算

お店の雰囲気、小龍包の肉汁のジューシーさなどを含めると、数年前に訪れた「鼎泰豊」の方が好みですが、台湾でしか味わえない雰囲気と味わいのお店です。

台北近辺でお店をお探しの方のご参考までに。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。