思考のクセ「マネジメントの責任なの?」 〜 新型コロナのテレワークでの気づき

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

新型コロナの原則在宅ワークになってから2カ月。
これまでは、不要不急でないものを先延ばしにしていたけれど、そうも言ってられない状況。

そんな中の課長のお仕事の変化。

実は、、、。

在宅ワークもまだ週に1,2日のみで、バックオフィスではないけれど、
会社でしかできない仕事は課員の仕事の請負役。

大忙し?

4月に入って、忙しさが増している状況。

そして、課員の仕事の遅れなどを、在宅のメンバーに進捗確認の打ち合わせを設定したり、予定は会議でほぼ埋まり・・・

課員の郵便物のせっせとスキャンして、伝票の承認をした後、
原紙を経理に封筒に入れて送ったり、、、、

契約書の捺印を総務に請求して、
戻ってきたら、宛先を書いて、郵送して

自治体からの数百枚の請求を金額があってるか1枚1枚確認したり、
会社にいる間は、息つく暇もない。。。

???

そんな中、世の中の人は家に引き篭もって、普段より時間があるんだよな?

と、不思議に思う。

瞑想して内観してみ出てきたのは、

なんと。

「マネジメントが責任を取らないといけない」

という思考のブロック。

どおりで、自分ひとりで砦の役目をしていたのね・・・、と。

静

思考の手放し

そんなことを気づくと、
せっせと思考の手放しの作業。

来週からは、現実も変わっていくはず。

みなさんも、在宅、テレワークで出かけることも少ない今。

内観やいろんな思考を手放すのにいい期間かと思いますので、ぜひ、浮き上がる感情と向き合ってくださいね。

本当の自分へ近づけると思います。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。