意外に気付かない普段の自分の言葉遣い|気づきのセッション

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

今年に入り、瞑想のナビゲーターのコースを受けてい、そちらも終盤になってきての実践のトレーニング。
そこで普段使っている自分の言葉遣いの指摘を受ける。

言葉遣い

自分がどのような言葉を使っているかは、気付いていないもの。

たまたまナビゲートのセッションの練習でペアになった方から言われたのが、

「エミリアさんの言葉づかい難しくないですか?」と言われる。

気づき

えっ、、、。

かなりゆっくりとした口調で平易な言葉を使っているつもりだったのに、意外な反応。

「どういう言葉がですか?」

ですかと尋ねてみる。

すると、「冒頭にお伝えしましたとか・・・」ということ。

「冒頭」は難しいのだ、、、という気づきと普段はプレゼンで言っている言葉だなーと気づく。

自分はプレゼンを日々するのが仕事だけれど、事務職などの方からすると「最初に」などの方がしっくりくるのかもな?と思う。

今年は仕事が忙しく、セッションの数をほとんどできていないけれど、こういう講座などでの気づきも大切にしつつ、より良いセッションのために、改善を繰り返していこうと。


明日から四連休ですね。
数ヶ月前まであったオリンピックが、当たり前のように亡くなったり。

みなさんも健康に気をつけられ、よい連休を・・・。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。