【直江津グルメ】駅から近くの海鮮のお店『軍ちゃん 直江津店』|新潟の地魚、海の幸を味わえる

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

青春18きっぷの旅の醍醐味。乗換え途中の土地での途中下車や地元のものを堪能できる時間。
乗り換えがなければ、人生で訪れることがなかったかも知れない新潟県の直江津。

南魚沼の直江津駅で降りて、食事をすることに。

駅前にあるホテルの中にも、

「多七」というお店があるようだったけれど、時間があったので、もう少し町並みを散策。

駅前の通り。人通りはほとんどない。
空いているお店もほとんどない。

ネットで調べて、駅から4,5分ほどのこちらのお店にたどり着く。

軍ちゃん

17時から開店ということで、お店は開いておらず、時間を潰すことに。

■食べログ

再び、17時少し前に到着すると、すでに3,4組の方が並んでいた。

店内

順番に店内に案内される。

カウンター席とその前にお座敷。

人気店の証のように5分ほどで、地元の方の家族連れの方を中心に満員に。

カウンターの中にテレビがある地方ののどかな空気が流れる店内。

MENU

手書きのおすすめメニュー。
おすすめの地魚、色々試したくなる魚の顔ぶれ。

裏面は、珍味や揚げ物など。

定番のメニュー。
刺身の盛り合わせ、前菜、揚げ物・焼き物。

お魚の煮物やから揚げなどの居酒屋メニュー、
サラダ、ご飯もの。

地魚の握り、ちらし寿しなど。

お食事の御膳、海鮮丼。

丼メニューのアップの画像も。
ちなみに、プラス400円で、汁物をあら汁等に変更できるそうです。

カニみそのコロッケも人気メニューだそうです。

DRINK

サワー、酎ハイ、ビールなどの定番メニュー。

日本酒の取り揃え。

新潟の地酒

海鮮丼

しばらくして運ばれてきた海鮮丼。

こんな種類のお魚、ボリュームの海鮮丼(上)が1500円!

その日のお魚の海鮮丼のお刺身もメモしてくださっていて、地魚がたくさんのっていて、堪能できるのがうれしい。

甘エビや真鯛、石鯛、

肝、ワラサの漬け、カワハギ、カレイなど。

二段になっている海鮮丼。
ご飯の上にも海藻や錦糸などが乗せられている繊細な気遣い。

まとめ

乗り換えの合間だったので、20分ほどのサクッとしたお店の滞在。

サインなどもたくさん貼ってある人気店のようです。

こちらの海鮮丼でうれしいのは地元の海の幸を堪能できるということ。
ウニやイクラ、サーモン、マグロなどをのせた海鮮丼も、もちろん好きですが、ここでしか食べられないものを味わえるのがいいですね。

直江津に滞在されることがあれば、オススメのお店です。
家族などで、わいわいいろんなお皿を楽しんでいる地元の方の様子を見ていると、人気店なのもよくわかりました。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。