【渋谷グルメ】タイ料理『チャオタイ 渋谷道玄坂店』|駅から近くて使えるお店

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

渋谷にあるタイ料理屋さんで道玄坂に向かう途中にある「チャオタイ」に初めて訪問をする。

道玄坂に行く途中、1Fは横浜家系ラーメンのビルの2Fにある「本場タイ屋台料理」とあるお店

本場タイ屋台料理 チャオタイ

■食べログ

エレベーターで2Fに上がると、

お店の入り口。

左手に店内。人気店のようで、週末のお店はほぼ満席。

テーブルに案内される。
奥は広いスペースにテーブル席がある。

象のモチーフのプレートとおしぼり

MENU

メニューの最初はタイ語のお勉強のページ

コース料理

選べるコース料理

おつまみ

続いて、屋台風のおつまみ。

スープ・カレー

タイ料理といえば、トムヤンクンとカレー。

創作メニュー

シェフお勧めの創作メニュー

続くページも創作のプレート

タイラーメン

麺が選べるタイラーメン

タイ焼きそば・タイカレー

パッタイなどの焼きそばと、ライス付きのタイカレー

あんかけご飯

デザート

 

DRINk

ビールやハイボール。
ハイボールは、タイのウィスキーメコンのハイボールも。

ワインメニューとソフトドリンク
飲み放題も一定以上オーダーするとコース料理だけでなく選べるそうです。

本場タイ屋台料理のチャオタイは銀座や横浜などにも。

料理

ビール〔大〕(680円)と〔中〕(500円)

バミー ギョクン トムヤム(850円)
トムヤムスープのラーメン、麺はたまご麺、コメ麺、春雨と選べる。

こちらは、バミー(玉子麺)

プーニム パッポン カリー(1500円)

グツグツそしたところを動画に。

単品のライスとともに。

お店の反対側、入って右側は現在営業していないようでした。
(2020年9月時点)

まとめ

入り口にはタイ料理の食材などが販売されている。

お会計は、ひとりお酒を1,2杯飲んで、3000円程度。
1人できている人や女子2人組などは、セットを頼んでいたので、2000円以下でも夕食を楽しめそうでした。

数多くあるタイ料理屋さんですが、日本人向けのクセのない感じが、お店の受けているところなのかも知れないと、ふらっと訪れている感じの周りの方の雰囲気を感じて思いました。

ラーメンに髪の毛が入っていて、それを伝えると日本風の「(低姿勢な)すみません」という感じもなく、機械的に髪の毛を確認して、同じプレートを運んでくれる。
そんなところも、タイなのかも知れないと思うし全体のお店でした。

渋谷近辺だと神泉寄りになりますが、こちらもタイの東北料理のピリ辛で、小さなお店で屋台感覚もあり、おすすめです。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。