新国立劇場「くるみ割り人形」|2020年も締めくくり|コロナ禍のクリスマス

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

クリスマスだけれどもコロナで、忘年会もなく、季節を感じることも少ない2020年ですが、初めて新国立劇場のバレエを観にいってきました。

演目の名前は何度も聞いたことがある「くるみ割り人形」

◼️公式HP

京王線の初台駅に直結されている新国立劇場

新国立劇場

地上に上がっての入り口。

くるみ割り人形

劇場に入っての案内。

来場者カードを提出して、チケットの半券は自身でもぎり、渡す。

客席のレイアウト

演目は二部構成

今回は1階の客席席で、シートはこのような配置

この日のキャストが2枚に。

各踊りのキャスト

記念撮影用のパネル

ロビーの中に販売されているペットボトル。
150円なので、リーズナブル。

劇場の中。
感染対策のため、間隔をおいての座席かと思いきや、ほぼ満席の劇場。

初めてみるバレエ。長い時間で、事前学習もない中で、どこまで満喫できるかは不明でしたが、結果は、、、

大満喫でした!

感染対策は気をつけつつ、心を潤す芸術に触れる機会を持つことはいいですね。
年末年始も、帰省・初詣など、これまでにない生活にはなりそうですが、素敵な年越しを。。。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。