成田と羽田、空港を間違える初歩的ミス① 〜 2019年最後に大失態!

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

みなさま後数日の2019年をいかがお過ごしでしょうか?
私としましては年末に、しでかしてしまいました。

師走

今年は、仕事を最終日に向けて怒濤のように時が流れ、
無事に済ませ、仕事納めから数ヶ月の張りつめた気力の糸が切れていた。

なんだかんだの疲労も。。。
(前段に必要のない言い訳を⁉︎)

年末年始の旅

そんな中、1日休息をとり、
余裕をもって、荷造りをして、朝家を出る。

「いざ成田空港へ」

途中乗り継ぎで1本遅れてしまったけれど、
ちょうど2時間前に、成田空港の出発ロビーに到着。

出発2時間前というのに、なぜかすいてる発券カウンター。

機械でチェックインがうまくいかず、
窓口に。

「どちらまでですか?」

とグランドホステスさんに聞かれ、

「広州です」答える。

「どちら経由ですか?」

不思議なことを聞く人だな…と思いつつ、

「広州への直行です」

と伝えても、話が噛み合わっていない。

「チケットを拝見します」と言われ、
E-Ticketを見せると、

「これは羽田便ですね」

「・・・」(顔面蒼白)

『成田から羽田って、そこそこの距離だよね!?』などグルグルいろんなことが過ぎるけれど、

「羽田のカウンターには連絡しておきますので、
とりあえず、(リムジン)バスが早いので急いでください!!!」

加えて、通常50分前には搭乗手続き終了しますからと目安を教わる。

リムジンバス

そう言われると、猛ダッシュで、
到着階に移動してリムジンバスのカウンターを探す。

列に並んでいるとちょうど1分後に羽田発があったのに…微妙に乗れない!

その次のバスは、15分後の13:25発。
1時間はかかるそうだ。
(15分の差が大きい・・・)

ということは、羽田に到着するのが出発30分前。

一度、冷静になるために即購入ではなく、
乗換案内で、電車で早く行けないかも確認。

結果、

そんな好都合がある訳もなく、バスが一番早い。

間に合うかどうかわからなかったけれど、
とりあえず、リムジンバスの羽田空港までのチケット(3200円)を購入。

10数分、バスが出発するまであったので、
またまた駆け足で、出発ロビーのカウンターに戻る。

「14時半過ぎに羽田に着くバスなんですが、
羽田に連絡いれていたけだないでしょうか?」

「わかりました。」と言われるものの、
「恐らく“高い確率”で、お乗りになれないと思います」

と、期待を持たせないためだと思うけれど、
「それって絶望的だよね?」と冷静に考えると思わせる回答。

「ちなみに、行きのフライトは乗れなくても、
帰りのチケットは乗れますか?」と、

頭の中ではすでに代替案も過り始めていた。

「いえ、最初のフライトでお乗りにならない場合、
それ以降のフライトも失効します」

「チーン」と音にならないけれど、心の声。

格安航空券なんだから、仕方ない。

次は、バスの時間も迫ってきたので、
「わかりました!とりあえず、向います」と走り去る。

羽田行き

成田空港。意外に広い。
出発時間の1分前にバス停に到着。

じりじり。。

こういう時に限って、バスの到着が遅れる。

数分経って、バスに乗り込む。

「年末で道路がすいていて、
早く到着するんじゃないか?」と
淡い期待を持って、Google マップで調べてみる。

けれど、所要55分と、
ここでも楽天的に考えることができる要素は絶たれた。

追い討ちをかけるように、羽田空港行きなんだから、
当たり前に「国際ターミナル」に止まるものだと思っていたら、
到着するターミナルは国内線の第1、第2のみだと。

到着前にドライバーさんに確認すると、
「国際線は、循環バスに乗ってください」とのこと。

たしかに、海外から成田に到着した人は、
羽田の国際線ターミナルはニーズがないよね、と冷静に頭は働く。

頭の中が「万事休す」という文字で埋め尽くされてきていた。

空港

「中国南方航空」と「ターミナル1」というキーワードで、
成田空港としか疑わなかった。。。

過去の経験と違って、今回は私のミスでしかないし、がくっ。

結末は、つづく記事に。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。