エチオピア旅行記 〜 ラリベラ 岩窟教会群と巡礼の人々

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

エチオピア旅行記の2日目、いよいよ世界遺産の岩窟教会群へ。
この続きを。

■世界遺産 岩窟教会群

夜明け前

昨日訪問されていた東北大学の学生に入口を案内してもらう。

まだまだ夜明け前で暗い。

チケットのCheck

このように至るところで、外国人観光客のチケットを確認される。

真っ暗で、確認できずに、
ライトを照らして。

チケットは50USD。

学生の彼は、譲り受けたチケットでまわっているそうだ。
(パスポートとの照合は一度もされなかった。)

エチオピア人が早朝でも、多くの人が教会に。

早朝のお祈り

教会の外にも。

教会内も、多くの人がお祈りを捧げているようだ。

学生の彼に、高くから見渡せる場所を教えてもらう。

鐘から下を覗く。

雰囲気は、こんな感じ。

白々と夜が明けてくる。

教会に入るのは少し気が引け、
まずは全体を見る。

大学生がホテルに帰るのを見送り、ひとりで回る。

うっすらとした中の木が幻想的。

エチオピア人の巡礼

教会の外を出ると、至るところにエチオピア人が。

水を大切に足を洗う姿。

野宿している人、

人、人、人。

至るところに。

まだ、朝が早いので、寝ている人もいる。

高地なので、朝は冷える。

鏡を見ながら、真剣に頭のターバンを巻く姿。

1/7がエチオピアの暦で、クリスマス。

それまで、教会の外で、ずっと野宿するのだそうだ。

膝まずき、深くお祈りする姿が印象的。

■関連記事

来るまで、想像していなかった風景。

明るくなってきて、再び、教会群へ。
これから、しっかり見て回ろう。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。