エチオピアの旅 〜 2019年の幕開けに。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

2019年、平成最後の年末年始はエチオピアへ。

無事に帰国

無事に、、、。

という言葉が、これほどふさわしい旅はあっただろうか?

過去の旅

これまで70ヶ国を超える旅をしてきた中、

20代のころは、ボリビアやジャマイカで盗難にあって、帰国が危ぶまれたり、

また、物品的ではない違う意味で軟禁されて、身の危険があったり、

さまざまな経験してきて、旅慣れてくると、
いろんな危険はあらかじめ察知できる本能は鍛えられていて、

最近だとエピソードを語るのはインドくらいだろうか?

エチオピアの旅

でも、

軽くアフリカのキリスト教文化に触れられればと行き先を決めたエチオピアはインドを超えていたかも知れない?

エチオピアの位置をご存じない方も多いかと思うので、フライトの地図を。
(首都、アディスアアババ)

いつものように、旅でふらっとエネルギーチャージしようと思っていたら、

バッテリーの容量が足りず、バッテリーを増強するくらいの新しい吸収があった旅。

一説には、人類の発祥の地といわれるエチオピア。

アフリカには独特の生命エネルギーを感じる。

昨年、訪れたタンザニアで、エネルギーをもらえたので、

今回の年末年始もアフリカ、エチオピアへ決め、行ってみて気づいたことだけれど、コミュニケーションの仕方も独特な。

思考のクセ

年齢を重ねると思考と行動のクセが「垢」のように溜まってくる。

そんな中で、この旅は、意図することなく、初体験がたくさんあった旅に。

ロールプレイングゲームの中にいたような感覚がある旅。

記事数は、細々としたエピソードがあり、これから少しづつ記事にしていこうと思います。

まず、旅のスタートは、こちらの記事に。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。