【岩手・花巻温泉】大沢温泉 湯治屋・山水閣|レトロな風呂|穴場スポット|男女 混浴の露天風呂

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

いつかは訪れたいと思っていた岩手県の花巻温泉のあたり。
地元の知人に中でも大沢温泉がオススメと、盛岡から高速道路を使い1時間弱で到着する身近な温泉。

大沢温泉

花巻温泉の中の大沢温泉

古くて趣のある入り口「湯治屋

入り口を入って、外来温泉の受付。

館内のマップ

右側、左手には待合室、その奥がシャワーが唯一ある山水閣へ。

お得な回数券や平日限定の食事付入浴券。

館内の案内

売店を通り過ぎてのお風呂の案内。

左側をそのまま進む。

共同炊事場

宿泊客の共同炊事場

お食事処 やはぎ

菊水館

菊水館へは、冬は閉館で残念ながら通れません。
(2020年は熊の出没もあり秋から閉館していたそうです。)

大沢の湯

メインの露天風呂、大沢の湯

露天風呂入り口

階段を降り、男性はそのままお風呂へ。

女性は専用の更衣室があります。

思った以上に、お湯の透明度も高くて、これまで混浴の際は濁り湯だったり、男女の入り口が反対だったりと・・・でしたが、ここまでオープンな混浴は初めてで、驚きました。

景色は、大沢の湯が女性専用の露天風呂よりいいのはあるので、女性は20時からの女性専用の時間で楽しむのがいいかも知れないです。

薬師の湯

階段を降りて、レトロな内風呂。

中はレトロなデザインの高い天井のお風呂で、こちらも露天風呂とは違う楽しさがあります。

かわべの湯

女性専用の露天風呂。

こじんまりとしていますが、男女混浴の露天風呂はゆったり入る雰囲気にはなれなかったので、ゆっくり浸かるにはこちらが落ち着くと思います。
※ 個人見解です。

そして、渡り廊下で、戻る。

廊下には大沢温泉の季節の移ろい。
冬は雪景色を楽しめますが、その他の季節もいいですね。

そして、最後にシャワーを浴びられる山水閣へ。

豊沢の湯

扉をあけて、階段を降りる。

豊沢の湯の入り口

豊沢の湯

入り口

豊沢の湯の前にある自販機

売店

売店の主な品揃え

売店の前にあるおすすめ情報

あいだみつを、宮澤賢治、石川啄木など、ゆかりの方の書籍など。

正面の奥は、岩手の珍味など。

岩手の地酒やワイン

5つの温泉を満喫し、大沢温泉を出る。
すると、焼き芋の軽トラック。

中国人の観光客の方が購入されていました。

湯治屋 パンフレット

炊事場、売店、食事処など主な施設の説明。

5箇所のお風呂の説明。
浴衣と丹前の着方のワンポイントアドバイス。

料金表

旅館タイプの山水閣と、自炊部の積み上げ式の料金体系

大沢温泉の全体像。

菊水館は休館中で、
湯治屋・山水閣も意外にそこまで大きくは感じないです。

まとめ

知人からオススメしてもらっただけあり、穴場で、いい意味の歴史と古さを感じる大沢温泉。
いろんなお風呂も楽しめるのがよかったです。

盛岡からレンタカーを借りて、1時間弱で、日帰りでも秘湯を味わるのは、とてもいいですし、おすすめしたいです。

コロナ禍で、入るのは人数制限があるので、週末は待たされることもあるので、混雑状態は確認された方がいいかも知れないです。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。