【新大久保グルメ】SPICY CURRY 魯珈|ミシュランビブグルマン掲載 スパイスカレーと魯肉飯|限定カレー 花山椒のシビ増し

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

平日しか営業していない行列ができるスパイスカレーのお店。

なかなか訪問できないので、運よく有休を取れたタイミングで再訪。

JR大久保駅が最寄りですが、山手線の新大久保からも5分程度の距離なので、今回も新大久保から歩いて。

SPICY CURRY 魯珈

ミシュラン ビブグルマンの2021年にも連続で掲載されるこだわりのスパイスカレーのお店。

前回訪問時の記事はこちらに。

■食べログ

前回は2019年だったので久々の訪問。

前回は9:30の記帳開始前の訪問でしたが、

今回は早起きする気力がなくて、開始時間の9時半直後の到着。

すでに行列はなく、店頭での貴重でした。

しかし、すでにラストの14:20の案内のみ・・・

Twitterの案内通り、最後の3名に滑り込み。

9時半から14:20まで新大久保近辺んで時間を過ごすことに。

ブログ記事を書いていると意外に時間はあっという間に過ぎて、お店に戻ってくる。

早めに戻っていますが、お店の前で待機。

お店に案内されるのは記帳順なので、ご安心ください。

店内

奥のカウンターは、感染対策なのか、1名。

壁側に6名が案内されました。

オーダーは、順番に取られます。

MENU

こだわりの6つのポイント。

今週の限定カレー。
麻婆茄子カレー(900円)

迷うメニュー。
前回は2種のカレーを頼みましたが、魯肉飯も捨てがたい。

今回は「ろかプレート」(1050円+限定カレー100円)を頼むことにしました。

人気店、常連さんが多く、多くの方がプチサラダ(150円)を頼まれていました。

お店に入られた順に、一皿、一皿大切に盛り付けをされていました。

数分おきに、時差で届くプレート。

ろかプレート

こちらが花山椒を追加したシビ増し(+50円)のろかプレート。

魯肉飯(ルーローハン)とスパイスカレーの贅沢なひと皿。

麻婆豆腐などの花山椒の辛さのカレーは、「どんな味なのだろう?」と思いましたが、「確かに、痺れる!」という感じでした。

辛さというよりシビれる感じが強いですが、そのしびれに嫌味がなくて、クセになりそうな感じでした。

こちらは、サラダと高菜などのろかプレートの具材の説明。

まとめ

食べつくすのが惜しくなる、最後の最後まで一口を堪能できる魯珈のプレート。

皆さんも、お皿に残った少しのルーを大切に、大切にすくっておられるのが印象的でした。

今回、ろかプレートを頼みましたが、やはり、お休みを取ったりしないとなかなか訪問できないお店なので、2種のカレーの方が個人的にはいいかな?と思いました。

お会計の際に、お一人、お一人、ただ支払いをされるだけでなく、味の感想や、店長の齋藤絵理と言葉を交わされるのが、カレーを通してのコミュニケーションとして、すごいなーと感じます。

カウンターの中の写真をお願いすると、このようにサービスをしてくださるのも素敵ですね。 

並ばずに頼めるテイクアウトも、営業中に多く来店されていましたので、テイクアウトをお願いするのもいいと思います。

ご訪問のご参考に。。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。