栗原友さん 表参道での講演① 〜 ブログを通じた「ご縁」と人生のまわり道

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

初めてのこと。
ある日突然、ブログのFacebookのメッセンジャーから知らない方からの連絡。

イベントを主催しているデザイン事務所の広報担当の方が、
恐らく、この記事をみて、ご連絡をしていただいたのだと?

■関連記事

ご縁

栗原はるみさんのお子さんの栗原友さんとは、先日もお食事をご一緒させていただいた大好きな方。

友さんのfacebookなどにはイベントの告知は記憶がなかったけれど、
このように見ず知らずの方からブログを通して、ご連絡いただくのも、とてもうれしく、

そして、ご縁を感じるので参加の方向で仕事の調整をする。

雨の夜

表参道から少し離れたオフィスが会場。
ビルの入り口で受付を。

階段を登って、4Fまで。

このように、随所にユーモアが溢れるオフィス。

会場

会場には、広島の蔵元「賀茂鶴酒造」も、
試飲もさせていただく。

今回は、講演だけでなく、友さんのお料理も食べれるというスペシャルなイベント。

講演スタート

時間になり、講演がスタート。

友さんらしい、、、

開始早々、持参されたカバンから、ハイボールが。

栗原友さんの経歴

友さんの経歴、

まわり道して、今の料理家になっておられのは知っていたけれど、

アパレルの専門学校を退学して、クラブ情報誌「SPEAK」からのルーツでの紆余曲折あったのを初めてしる。

ライターをしていた主な雑誌や、連載している雑誌。

友さん曰く、ライター時代、女性誌ではなく、男性誌に受けていたのだそうだ。

著書

背伸びしていた時代だという講談社の絶版になった2冊。

もうすぐ出版される魚の本も、自ら企画書を作って売り込んだのだと。
友さんレベルでも、前に前に出る行動力に感服。

築地での経験

ロンドンの留学、失恋。

そして、PRのお仕事。

それからの料理家の遅ればせながらのスタート。

築地の斎藤水産に就職。

それまで、「築地はこわい」ところという印象で、
弟子入りしても、牡蠣向き、カニむきばかりが続いてたのだと。

築地市場をターレーに女で乗ることが有名になったり、
賄いが美味しいと評判になったり。

そして、そこで魚の捌き方を教えてくれた先輩が今の旦那さんに。

面白いほどの波乱万丈、でも、素敵な人生。

プロデュース業

プロデュース業を始めて、一旦停止したり。

主なプロジェクトを紹介。

こんなカラフルな料理も演出されたり。

「栗原友」という名前をあえて出さない、黒子に徹するプロデュース。

名前を出さない分、提案した料理のクオリティが維持されなかったり、
思いのままにならないことも多々あると。

それでも、プロデュースが楽しいんだそうだ。

経験

紆余曲折、大きくまわり道をしながらの、今。

「今までの経験でしなくてよかった経験はない」 と断言。

今の20代の方に、特に届けたい。

直線、最短ルートでなくてもいいんだと。
友さんが、体現してくれたように。

最後の言葉

毎回、講演される方への宿題。

あなたにとっての「料理とは?」
※ その方のプロフェッショナルの領域についての質問。

自分の腹を満たすこと、それに加えて誰かに喜んでもらえる。

「あれが美味しかった。」

そのように、驚かせたい。
だから、中途半端は提出しない。

友さんの器

栗原友さんの知らない一面をたくさん知れた講演。

これだけ赤裸々に語ったのは始めた出そう。
お声をかけていただいたYさんに感謝。

この画像は、閉店前の最終日におじゃました花やしきにあった「夜のさわぎ」、いいこともよくないことも、すべてを受け止める友さんはさすが。

そして、いよいよ友さんのお料理を堪能できる第二部へ。。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。