言われるうちが花?〜 「彼氏いるんですか?」、課員からの集中砲火

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

かなりのひとり言のような記事ですが、

忘年会で最近聞かれることが重なったので、メモがわりに。

昨日の忘年会

昨日は課の忘年会。

都内のキッチンスタジオを借りて、料理が得意なメンバーが手料理を振る舞いつつ

19時から23時まで、少しの出し物と、あとは、ゆるーく飲む会。

自分のチーム以外のメンバーとは、普段じっくり話をする機会はないので、
こういう時は仕事のこと、プライベートなことなどもお酒を交えて話すいい機会。

素朴な疑問

インターンの学生の受け入れ案についての会話をしていた流れで、

ひとりから「そういえば、エミリアさん、今、彼氏いるんっすか?」

と、想定していない唐突な振り。

会社では、あまりプライベートは開示しないようにしている?というか、

聞かれることもないし、その延長で適当にはぐらかしていると、

周囲の3,4人もマウントしてきて、
「いいじゃないですかー、教えてくださいよー」とのやりとりが10分くらい。

???

なんとか、他の話題に振り替えたけれど、

帰り道に、ふと、

「そういえば、先々週の部の忘年会の二次会でも、ひとりから同じ質問されたかも?」

と思い出す。

みんな私の恋愛事情に、(ちょっとしたゴシップ的な興味本位だとしても)関心あるんだ!?と発見。

わたしが質問する立場に置き換えた場合、アラフォー独身女性の管理職クラスの方に「彼氏いますか?」というのはかなりハードルの高い質問かと。

そういう意味でいうと、

「あいつ絶対彼氏いないよー」と思われていないだけ、

言われるうちが花だと、素直に喜んでおこう。

艶やか

と、冒頭から結びまで、中身のない記事になりましたが、

何が言いたいかというと、50歳になっても、60歳になっても、
そんな艶のある生き方をしていきたいと思うのでした。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。