キャリアとプライベート、どちらもあきらめない生き方 〜 感情のもつれを解きほぐす

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

キャリアもプライベートも、もっともっと女性が自由に幸せに生きれるように・・・
と、モニターセッションから自分が起こせるアクションを。

年末のおひとり目の記事は、こちら。

2組目のモニター・クライアント

年明けから、ふたり目のモニターセッションをさせていただく。

今回は、長身でモデルのような容姿。
そして、華やかなPR関連のお仕事をされていているアラサーのUさん。

彼女は、数ヶ月前、残念ながら数年付き合った彼とお別れし、今後の仕事の方向にも模索しているようで、今回モニターを受けてくださった。

カウンセリング

前回のセッションと同様に、まずは「どうなりたいか?」という具体的な像を探るために、

Uさんのカウンセリングから始める。

しかし、

まだ、漠然した悩み、不安のイメージしかなく、

「どう?」というところに、なかなか行き着かなさそうだったので、

早速、一緒に瞑想して、潜在意識からのメッセージを見てから、

改めて、話した方がいいのだろうな?と感覚的に判断して、

ということで、今回は、カウンセリングはそこそこに、瞑想にうつる。

マインドフルネス

普段から、日常的に、マインドフルネス(瞑想)を通して、潜在意識とやりとりすることをしている私。

一方、クライアントさんは、瞑想に慣れていない。

リラックスしてもらうことを心がけ、

今回も、入り口として、タロットカードの「パーソナルカード」と「ソウルカード」を用いて、

誘導をしながら、潜在意識と繋がってもらう。

メッセージ

クライアントが潜在意識に入った後、

どのような「イメージ」、「メッセージ」を掴んだのかを後半のセッションで確認する。

すると、話し始めた頃の冒頭の感情と、

後半に語ってくれる部分に「矛盾」が出てきた。

クライアントのメモをしている部分、
「これと、これ、違うことを言ってますよね?」

顕在意識で、自分が心地いいと思っていることと、
深い部分で自分が求めていることが違うこと、

「はっ」と気づいてもらえた。

また、自然体であること、女性として「美」に関することにすることがいい等、私が受け取ったメッセージを伝える。

彼女の顕在意識と潜在意識のもつれを解くように・・・。

驚き。。。

私が瞑想に入っている時、(銀行などに保管されていそうな)「金塊」のイメージが出てきて、

「金塊が出てきたので、自分磨きをしたら、玉の輿に乗るということかと?」

と、説明すると、

「えっ、昨年末のタロット占いで同じことを言われました!」
だそうです。意図せず、不思議なことが。

と、1時間半のセッションで、手探りながら、色々気づきと自分の発見があったようでした。

感想

翌日、Uさんから、セッションの感想をいただきました。

瞑想から自分で自分の潜在意識とつながることができたこと、本当に驚きでした。
セッション中は体がとても軽くなり、眠りと目覚めの間にいるような心地よい感覚が続いていました。

私は口では自由でいることが幸せだと言いながら、
潜在意識の中では、自分の印象を複数回聞いていてとても人の目を気にしていることが浮き彫りになるなど、
さまざまなことで顕在意識と潜在意識のギャップが明らかになっていきました。

エミリアさんも私のタロットカードを通じて潜在意識を一緒にみてくださり、
みえたことを分かりやすく言語化してくださり(1つ1つが驚きの連続でした!)、
今年1年の生き方の示唆をいただくことができました。

(セッションの後)寝る前にも改めて清書をしたほど、貴重な気づきを得ることができました。

1年の始まりのタイミングでこのセッションを受けさせていただけたことにご縁を感じます。

本当にありがとうございました。
またよろしくお願いいたします!

ローデータ

潜在意識からのメッセージの多くはローデータなので、
そこから自分の本当にしたいこと、方向性などのメッセージは、
クライアントさんと、一緒に解読していく。

考える

前回も感じたことだけど、30代になっての仕事への悩み、子どもを考えると、、、
という女性として自然と沸き上がる悩みがすごくよくわかって、寄り添うコーチングができるのだと。

自分の回り道した経験が活かせて、うれしい。

また、クライアント自身が気づいていないバイヤスやブロックがないかを一緒に探ること、
Uさんがスマートで体系立てて物事を捉えられる方だったので、
早速、現実でも変化を起こされると思います。

また、次回は開運のセッションを受けていただくことになりました。

Uさんの2019年はリセットの1年。
彼女のこれからの変化がとても楽しみです。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。