自己肯定が高くない甥へ 〜 おば馬鹿なサプライズ・プレゼント

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

先日の鳥羽旅行の際、甥の北斗の拳にハマっているのに触れたりしたのは前回の記事で。

それに加え・・・

それだけでなくて、

気になったこと。

それは、

真ん中の甥の「自己肯定感。」

どことなく、愛情に飢えている姿が要所要所で垣間見れる。

末っ子から中間子へ

小学1年生の甥っ子。

産まれてから、末っ子として、ずっと育ってきて、甘えっ子だった。

それが、3年ほど前に、弟が生まれてからの契機に、
徐々に、徐々に、性格が変わってしまった。

今回の家族旅行でも、自分の意見を通すために、
はたまた、自分に注目を集めるために、

暴力的になったり、弟を敢えて、いじめてみたり。

お年玉

年末年始に、インフルエンザで義兄の実家に帰れなかったから、
姉から今年は「誰からもお年玉をもらっていない」と聞き、
遅ればせながら、3人に渡す。

すると、

自分の中で欲しかったらしい北斗の拳の「ラオウ」のフィギュアを買うには金額が足りなかったらしく、それからずっとぐずっていた。

姉の教育方針で「すごいな」と思う点の一つは、
子どもがわがままを言っても、癇癪を起こしても、
その意見が正しくない(わがまま)と思うと、泣きじゃくってもスルーすること。

そんな場面を姪の時も、何度かみて来た。

ご機嫌ななめ

最後の日に、どこに出かけても「早く帰って、フィギュアを買いたい」しか言わない甥。

なんと、KYな。。。

人生の選択

彼の目先のフィギアが欲しいという短絡的な行動・言動から、

私は、メルカリで調べて、より安いものがあることを教えり、
たまたまみたラオウだけでなく、ケンシロウも候補にあることだったり、

そんなことを笑いながら大人目線で話してみたり。

「お金がない、ない」しか言わないので、

「お金がたりないんだったら、誕生日の前借りしたら?」

というと、

「誕生日とセットでいい!」

という彼に、笑い話で流しながら、

私は、電車の時間が来て、約束をしたわけでなく別れる。

自己肯定を上げるために

「構ってもらえない」、「愛されない」という塊に囚われている彼に、
自分でガツガツしなくても、委ねればいいこともあるよ・・・

ということを伝えたく、

北斗の拳は流石に今は市販していないから、その後、メルカリの出品者とやりとりをして
「ラオウ&ケンシロウ」をセットで購入して、
サプライズで、姉の家に配達をお願いして届くのを待つ。

ワクワク

「喜んでくれるかなー?」と、

甥の反応を楽しみにしていたら、

まさか、ふたつも届くと思っていなかったようで、
興奮して、LINEでお礼の電話がかかってくる。

よかった、よかった。。。

ついでに、先週からやけに好かれている末っ子も登場。

「えびちゃん、えびちゃん、」と興奮しながら、

「だいちゅきー」とささやいてくれる男子、貴重な存在に癒しを受けて、
毎日接している親だと手が回らない部分をサポートできることも、これから遠隔でできるといいなと思えた。

自分が中間子だから、甥の態度は全く可愛げがないけれど・・・、
気になる中間子の甥。

接する時間が限られるので、彼の中の感情の何かを覆すほどではないかもしれない。

でも、「この人もか・・・」ということにはならないように、これからも気をつけたいと思うのでした。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします