さすがに、疲弊した1週間 〜 インターンシップの受入れ

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

今週、月曜からのインターンシップの受入れ。
仕事と、インターンの学生向けの資料作成や会議構成などなど・・・

疲弊。。。

詳細は、また別の記事に書くものの、3ヶ月練り上げたプログラム。

受け入れる直前になって、仕事も忙しくなる。。。
日曜も出張だったので、帰りの新幹線でも準備の資料を作成したり。

明日は、学生のプロジェクトの発表のみを残すのみで、部門の受け入れは終了。

学生を送り出したときに、どっと安堵が。

ふとした一言。

ひとりの学生から、最後に感想を言われた。

今回忘れない一言があります、と。

初日の仕事の概要説明の後、今年の新商品の発売に関してのプロモーションについて、正解を求められた。

『社会人は正解がない世界で、
何が正解かをもがきながら探してるものだ』

と、わたしは答えた。

学生の質問への答えになっていない返信。

言った後に、ちょっと学生にきつく言い過ぎたかな?と思っていたけれど、
彼のインターンシップの経験の中で、琴線に触れたのだったら、よかった。

疲弊

今日、部下からはインターンの受け入れの合間を縫った午後の打ち合わせの時に、
「エミリアさんの予定抑えられないんですけどー」と、インナーンは本業でないので、
若干の嫌味を交えて。笑

ということで、無事に終了し、今日はとりあえず寝ます。。。

みなさんは、いいバレンタインデーだったでしょうか?

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。