誰かに似ている?〜 そっくりな誰かに思いを馳せる。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

本日の雑記記事です。
お盆休みのとある出来事。

自宅付近を歩いていたら、ポルシェの黒いカイエンが通りすぎる。
白いカイエンは近くの方が所有されているようで、みることはあるけれど、「黒いカイエンは珍しいな」と思って見過ごした。

少しして、そのカイエンがUターンしてきた。

そして、私に向かって窓を開けて何かを訪ねたい様子。
「道なのなのかな?」とイヤホンを取って聞いてみる。

「あのー、道とかではないんですけれど・・・」

だったら何なんだろう?と頭が回転する。

「吉村さんじゃないですか?」

との問いかけ。

「はい」と。

「とても似ていたので。」と、わざわざUターンされたみたいだ。

たまにある

ごくたまにだけれど、「同級生にそっくりです」とか言われることがある。

顔だけだとあり得るのかも知れないけれど、今回は歩いているところをみて思われたすると、雰囲気が全体的に似ていたということだろうと。

「その吉村さん」は、どんな人なんだろうと、少し思いを馳せる。

どんな仕事をしていて、どんなライフスタイルをしている方なんだろう?

もしかすると、いつかきっとどこかですれ違うかも知れない。
そんなことをふと想像してみた。

◼️関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。