会えない理由「仕事はただの言い訳?」〜 自分の時間の優先順位

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

今週、ふとした瞬間に届いた年下男子からのLineについて考える。

LINE

その年下の男子と最後にご飯に行ったのはGWごろだったかと思うけれど、
それからも定期的に連絡をもらっていて、最近も1,2週間に一度は。

食事に誘われても、電話で話したいと言われても、
「最近仕事が・・・」といい、やんわり断ることが重なっていた。

数日前

そんな数ヶ月が経過し、数日前に、
こんな連絡が入った。

会いたいけど仕事の邪魔はしたくないので、
エミリアさんが忙しいのが終わって、
気が向いたら連絡して

「・・・」

伝わっていないんだろうな、、、と。

仕事

確かに、仕事だと言っていたけれど、
(仕事のトラブル対応には追われていたのは事実なものの)
『何ヶ月も全く時間が取れないはずはない。。。』

と、

空気を読んでもらえると期待してはいた。
けれど、そろそろ不誠実に思えてきた。

話し合い

仕事にしても、人間関係にしても、
嘘をつかないことを信条にしているので、
伝えないとと。。。

「もう会うことはないと思う」

ということを、返した。

コミュニケーション

わたしが20代のころ、恋愛のやりとりでもちろんLINEなどはない。

アラサー世代の男性とやりとりすると、以前記事にも書いたかも知れないですが、
いきなりブロックされたり、今回のようなことがあったり、
なかなか気づきがあるものです。

とはいえ、今は、仕事を終わってからのブログの更新だったり、
学びたいことを学び、
少し頻度が下がっていたヨガの通う回数を増やすなどのボディケアを見直したり、
それがわたしの優先したい時間の使い方。

「申し訳ない」などの感情に流されるのではなくて、
自分」の時間の優先度を自分で決める

結局、そこだと。。。

みなさんは、お付き合いなどで、
「自分」の限られた時間を費やしたりしていませんか?

◼️関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。