【六本木】焼肉「格之進R+」〜 岩手 一関 門崎熟成肉とウニとキャビアとアワビの大共演③

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

「格之進R+」の驚愕の贅沢すぎる食材をふんだんに使用したコース。
前回の続きを。

■格之進 公式HP

肉の塊

夜もさらに更けてくる頃、熟成肉の塊が出てくる。

3種類のお肉が。

肉が語りかけるような、、、
サーロインとヒレと中に何かが詰められている肉。

それに千葉さんが胡椒をまぶす。

グリル

3種類のお肉をそれぞれ最適な焼き方、火加減で調理。

サーロインの中に何かが詰められたお肉。

ヒレの塊。
ヒレなのに、こんなにサシが入っているなんて・・・。

そして、サーロイン。

目の前で、何度も焼き加減を確認し、
裏を返す集中力。

そして、レアに焼き上がり、
それをまな板に。

中に何が入っているかは、
まだまだお楽しみ。。

それをいよいよカット!

カットしている様子は、こちらの動画に。

オイスター

中には、牡蠣が!

それにキャビアをのせる。

こんなにも!?
そして、完成。

BEFORE

キャビアで埋もれる前。

AFTER

キャビア乗せの完成品。

奥で、牡蠣の調理をしつつ、
サーロインも焼きあがる。

ヒレ

ヒレも焼き上がりまな板へ。

カットをしている様子はこちらに。

レアのヒレ肉の上に、
キャビアのトッピング。

サンドイッチ

ヒレの残りを丁寧にカット。

それを人数分の一口大に。

こんな綺麗に並ベて。

サーロインの肉塊も同様に、

カットされて並んでいく。

そして、なんと、なんと!

動画にあるように、すごい一品になっております。

このように、ステーキの上に、
これでもか・・・というほどのキャビア。

さらに、重ねていき、
キャビアの瓶がどんどん空いていく。。

次に、上にサーロインステーキを乗せる。

出来上がったのは超、超特製の「サンドイッチ

こんなサンドイッチが世の中に存在するなんて。。。

ヒレとサーロインを合わせることによって、
Tボーンステーキと同じような味わいに。

千葉祐士さんが写真撮影に応える姿。
サービス精神旺盛なのも、格之進の魅力なのだと思う。

すでに満足感は振り切れているけれど、
それからの「お寿司」

新鮮なカニ。

ウニと肉とキャビアのマリアージュ。

お吸い物

最後には、落ち着く、、、
はまぐりのお吸い物。

大きな蛤が中に。

デザート

最後は、デザートで熟したメロンで、
4時間に及ぶコースが終了。

まとめ

7時からスタートして、あっという間に23時に。

ひとつひとつの素材へのこだわり、
調理の温度、仕方、味付けと、
オープンキッチンで楽したお店「格之進R+」。

以前、ホリエモンが出資している「WAGYUMAFIA」に行った時にも思ったけれど、
これからは「一流の食材+エンターテイメント」がウケる時代なんだなと感じる。

今回は、特別なコースで普段は提供されていないとのことですが、
格之進は、岩手、都内にも多くのお店を展開されているので、
食のこだわりを感じに訪れてみてはどうでしょう?

■関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。