【NZ観光】長距離バス「InterCity」チケットの買い方 〜「FlexiPass」で手軽に切符を。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

ニュージランド、オークランドの空港に到着して、バスの購入の手ほどきをいただいたので、それを記事に。

到着した際の記事は、こちらに。

長距離バス

広いニュージーランド国内。
全国各地に行ける「InterCity」というバス会社。

FlexiPass

その中でも、観光案内所の方からおすすめされたのが、FlexiPass


■ FlexiPassの申し込みサイト

購入単位は、チケットの金額ではなく、時間単位で購入する。

10時間 95ドル(約6,850円)〜80時間 545ドル(約39,300円)
※ 2020年1月換算

有効期間1年間で、返金は不可。

上記のWEBサイトで、「BUY NOW」をクリック。
氏名、メール、電話番号などを入力し、カードで決済。

すると、すぐにメールの確認も入る。

予約

FlexiPassを購入し、
バスの予約するときは、
行き先と日付を入れる。

すると、このように候補の便が出て、
所要する時間が記されて、
購入した時間から引かれるシステム。

そして、クリックすると簡単に予約が完了。

予約が完了した画面。

メールでPDFの予約確認も届く。

ちなみに、予約や残りの時間を確認するのに、「Booking Reference」と「Access Code」でログインしてからになります。

ちなみに、結果的に15時間分を購入して、
4時間ほど残してしまいました。
(今年の12月まで有効なので、もし、ニュージランド行かれる方はお知らせください!)

注意したいポイント

ガイドブックにも書いておりますが、予約はしておかないと人気の行き先では「SOLD OUT」になります。

ご参考までに、翌日を調べたら全て売り切れ。

その翌日も全て売り切れ。
という状況です。

ご参考

FlexiPassではなく、買うときは、このような画面になります。
FlexiPassだと、予約して変更もできるので、まず押さえておくのも旅の前に用意しておくといいかもしれないです。

また、GOLDというチケットの価格がありますが、このようなサービスのシートです。

みなさんのニュージランドの旅のご参考になれば。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。