【ロトルア観光】NZ北島 観光スポット「WAI-O-TAPU Thermal Wonderland」①

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

ニュージーランド北島の主要観光スポット「ワイオタプ サーマル ワンダーランド」の記事。

近辺にある間欠泉の記事はこちらから。

ツアー

朝8時にロトルアの中心を出発して、このようなワンボックスカーで、ワイオタプに向かう。

ワイオタプまでは30分ほど。
のどかな羊や牛の群れを見つつ、車窓を眺めながら。

WAI-O-TAPU

現地に到着。
まずはツアーガイドさんがルートの回り方を案内してくれる。

最初に「WALK1(45分)」のルートを回り、間欠泉に向かうそうだ。

チケットオフィス。
入場料は、ツアー料金 134ドルに含まれていたので、
ガイドさんが一括で支払っていただく。

◼️WAI-O-TAPU HP

入場料 大人32.5ドル(約2350円)
※ 2020年1月換算

売店

お土産ものや、

軽食が取れるスペース。

入り口付近にトイレもある。

WALK 1

すべてのルートの入り口。

ガイドマップ。

ルートを確認。
赤い部分が「WALK1」

日本語で各スポットの案内があるので、便利。

再入場の際のスタンプをエントランスで押される。

このように手首のあたりに。

橋を渡る。

早速、川の上流に煙がもくもくと上がっているのが見える。

上っていたところの眺め。

動画で現地の雰囲気を。

川が流れていて、

流れの様子は、このように。

温泉地の匂いがする。

そのまま進んでいく。

散策ルート。

①マハンガ・ルア
噴火した噴火口の最初のもの。

クレーターについてのパネル。

岩盤から煙が立っている。

アップにすると、こんな感じ。

②テ・ルア・ウエヌク
噴火口の周りに参加による鮮やかな色合い。

奥の方は、見えづらいけれど。

再び、岩を進む。

③テ・ルア・ワイティリ
覗き込めるようになっている。

覗くと、このような噴火口。

当初の4倍の大きさになっているそうです。

④イプ(IPU)

泥沼。

未精製の原油を含んでいるという。

続いて、ルートを進む。

煙りが立つ、泥沼。

ポコポコと下から泡立つ。

そこを回っていく。

海外からのツアー客のガイドさんがパネルを用いて説明している。

マウイの地震の説明など。

ルート1のメインのスポットへ。

19)シャンパン色のたまり

エメラルド色が奥に見える。

間を渡り、向こう側に移動。

WALK2のルートは、こちらを進む。
(WALK2は、また別の記事にアップします。)

そのまま道なりに周り、
すぐ目の前にたまりが。

動画での現地の様子はこちらから。

不思議な色合いのコントラスト。

英語では「シャンパン プール」と記載されている説明パネル。

半周回ると、このように煙と熱気がすごい。

シャンパンプールを一周して、次に。

所々に、硫黄なのか黄色い。

(20)ルア・プーマフ
噴火口の底は、沸騰する熱い泥で覆われているそうだ。

(21)ルア・オーガンガ

壁面には、ツバメや九官鳥の巣が。

奥には、もくもくと煙が上がっている。

見えずらいけれど、
クレーターのようになっている。

(23)ロト・カーリキテア

水中の鉱物質が太陽光を屈折させ、このような色合いになるのだと。
不思議な鮮やかな色合い。

そして、元のところに、

ぐるっと、戻ってくる。

朝1番で、ワイオタプの「WALK 1」を回り、続いて、間欠泉の時間になるので、そちらに合わせて移動。

間欠泉の記事は、こちらに。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。