【ロトルア観光】ワイオタプ サーマル ワンダーランド 間欠泉 〜 朝1回だけのアトラクション

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

ロトルアで参加したツアーのひとつで、人気のLady Knox Geyser(レディ・ノックス・ゲイザー)。

ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド園内から1.5kmほど離れた所にあり、ツアーのシャトルで移動。


人工の間欠泉Lady Knox Geyser(レディ・ノックス・ゲイザー)が、
1日1回(朝10時15分)に、スタッフが石鹸を間欠泉に投げ入れて、
温泉が約20mもの高さまで勢いよく噴き上げるというもの。

◼️Wai-O-Tapu Thermal Wonderland HP(英語)

間欠泉

1日1回ということで、バスや車/レンタカーで混み合っている。

石碑に説明が記載されている。

その隣に、入り口がある。

このような小道を進んでいくと、

すぐに、到着。
15分前ほど前だけれど、すでにすごい人。

このように間欠泉を囲む。

温泉からなのだろう、
湯気がもくもくと。

人がいっぱいなので、10:15より少し余裕を持って行かれた方がよさそうです。

時間まで、眺めながら待機。

噴射

時間になり、間欠泉の説明と、アトラクションの石鹸の投入。

日によって、投入から噴射するまでの時間や高さなど、異なるとのこと。

この日は、運良く無事に高く上がってくれた。

投入から数分、全部で10分ほどで終了。

それだけを見届けて、みなさんすぐに席を立ち上がる。

まとめ

ワイオタプサーマルランドのツアーに参加されるならば、午前中だとこのツアーもついていると思うので、せっあくであれば、おすすめ致します。

アメリカのイエローストーンが一番有名ですが、世界の5本の指には入る間欠泉とのことでした。

NZの旅のご参考までに。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。