「ミャンマー旅行記」〜バガン編

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

今日から連休明け、みなさんの迎えた朝は、いかがですか?

バガンで・・・

昨日の続きを・・・。
過去記事:

とりあえず、チェックインして、まだ両替をしておらず、ATMを探しに街中へ。

しかし、日が昇ると、本当に、暑い。
40度、近くに。

銀行のATMで、現地通貨のKyatを入手。
(為替レート:1Kyat(MMK)=0.081円(2018年4月))

ATMから出てきたのが、5,000MMK札で、すごい札束がATMから。。。

しかし、ATMの手数料がミャンマーは高く、6500MMKほど。
慎重に、金額を思案せねばと、普段より余裕をみて換金しておく。

暑さに・・・

しかし、暑い。。。

と、銀行の目の前にあったレストランが、生ビールのサーバーがありそうで、ビールを頼む。

すると、偶然、先ほど別れた、バックパッカーのふたりが食事をとりに。

聞くと、たまたま「地球の歩き方」に載っているレストランだったそうで、オススメの『エビカレー』を頼んでいた。

その流れで、

「これから、どうするんですか?」

「決めてないですけど、どうしようかな?この暑さだし」

と。

すると、

「一緒に行きましょっ」

と誘ってくれて、EVバイク(現地では、免許もいらない『電気自転車』という定義らしい)の3人乗りで、寺院巡りをすることに。

この炎天下、諦めかけていたのに、ありがたいお誘い。

バガン

ちなみに、バガンとは、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつ。

バガン(Wikipedia)

ミャンマー屈指の仏教聖地で、点在する寺院のほとんどは11世紀から13世紀に建てられたもの。

寺院

フレッシュジュース

本当に暑すぎて、外だし、干からびそうで、屋台のジュース屋さんでドリンクを。

メニューにはないが、「パパイヤとバナナ」のMIXでお願いすると、了承され、作ってもらう。

アジアの冷たいシェイクを想像していると、何やら水をミキサーに入れている。

「あれ?」

と思っていて、確かに、シャバシャバとしていて、想像している冷たさではないけれど、脱水症状間際の体には染み渡る感じ。

作り方は、こんな感じです。

お昼寝

どこに行っても暑く、暑く、

寺院の中でミャンマー人も、いたるところでお昼寝している。

ありがたい寺院で、
「いいのかな?」と思いつつ、ミャンマーの皆さんに交じって、お昼寝。

適度に、そよ風が入ってきて、夜のタクシー移動の疲れもあり、ぐっすりzzz.

1時間ほどだったけれど、生き返った実感。

そのあと、夕陽のスポットに移動。
昨年の地震で、ガイドブックに載っているスポットは入れなくなり、口伝えで聞いたところに。

あいにく曇り空で、夕陽は見れなかったけれど、そこに旅行者がどんどん集結してきて、涼しくなってきて、日暮れのいい雰囲気。

仏像
仏像
仏像
仏像

※ アーナンダ寺院。最大の見所の東西南北に配置されている過去四仏

子どもなりのビジネス

ミャンマー人は、他の観光国と違って、モノを販売するときも、物腰が(驚くほど)柔らか。

そんな中で、新しいビジネスとして、「現地通貨を収集しているんだけど?」と語りかけ、少額の紙幣やコインなどを収集しているみたい。

私には、「500円玉と100円玉」一枚づつを、
「両替してくれない?」と。

両替はしなかったけど、嫌味がなく、屈託なくて、お小遣い稼ぎとはいえ、なんとなく憎めない。
(その後に頼まれた同行のバックパッカーは、両替していた。)

寺院の数々

いたるところに寺院があるけれど、お寺の名前が書いてなかったり、仏像にも説明がなく、『ありがたいものなのか、否か?』が全くわからない、、、且つ、暑さで朦朧として、『何が何だか、わからない』状態になってくる。

夕陽も期待できないし、「そろそろ」とホテルに戻ることに。

バガンの遺跡は、すごいけど、そのすごさに気づけないまま(!?)、EVバイクの3人乗りで満喫できた。
(返却時に、さすがにレンタル屋さんで、3人乗りは叱られる。。。)

また、バガン以外の様子は、明日以降に。。。

みなさんのGW明けの毎日が素敵な一歩であるように。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。