「ミャンマー旅行記」〜 ヤンゴン到着

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

いよいよGW最終日、みなさんは、いかがお過ごしですか?

本日より、数日の間、
ミャンマーの旅の模様をお届けしますね。

ヤンゴンまで

前日にヤンゴン往復の航空券のみ、手配し、
北京経由で、ヤンゴンへ。

北京でフライトがなかなか飛び立たず、到着は1時間ほど遅れ、深夜に。
ヤンゴン空港は思ったよりも、しっかりとした空港だった。

入国審査

早速、入国審査。
タンザニアやインドと違って、ビザも問題なくオンライン申請したビザで入国。
過去記事:

「さて、これからどうしよう?」

国土が日本の1.8倍のミャンマーは、見どころが分散していて、陸路の移動のみだと、GWの1週間で、ほとんど回れないことに、気づく。
国土が南北に長いベトナムや、北米大陸に隠れ地図では小さく見えるメキシコと同様、まぁ、驚きはしない。

フライト時間はわからないが、朝まで空港で過ごして、とりあえず、フライトを調べようと決める。

税関を超えると治安面で「一応、不安」なので、税関前のエリアに5席くらいひっそりあるベンチに腰掛けて待機。

日本との時差は2.5時間あり、睡魔に耐えねば、、、と座っていると、
「(ベンチの上の)看板を付け替えるから、どいて」と空港職員にいわれ、
しぶしぶ税関を通り、空港の待機スペースで過ごすことに、変更。

ベンチで過ごしていると、目の前にアジア人らしき2人組が。
ATMで、おろせなくて苦戦していたので、時間も持て余しており、話しかけてみる。

日本人の2人組だった。

TAXIのチャーター??

彼らは、わたしが税関で時間を費やしている間に、いろいろタクシーの運転手と交渉していたらしく、「200ドルでバカン(遺跡で有名な都市)まで、TAXIで、一緒しませんか?」と。

普段は、タクシーのチャーターなどはせず、公共の機関での移動をしているが、飛行機の費用も100ドル位だし、朝まで空港で時間をつぶすだけだし、普段とは違う行動を取ってみようかな?とも。。

ちょっと怪しげなドライバーではあるけれど。

彼らが、ドライバーに連れられて、別のターミナルまでATMに下ろに行っている間、念のため、空港で待機している他のドライバーに聴くと、

「ヤンゴンまで行って?(驚きの表情)明日の朝、バスで行け」と言われたり、

「パガンまでいくら?」という想定しない質問だったようで、
「きょとん?」とされたあと、「400ドルとか?」といわれる。

200ドルは、どうやら悪くはないみたいだ!?

決断

彼らがお金を下ろして、戻ってきて、

「どうしますか?」

と確認され。

「一緒に行きます!」

と。彼らもわたしと移動費用を分割できて、ハッピーのようだし。

いざ、バカンへ

空港をあとにすると、ドライバーが、街角の友だちと話したり、彼の家まで旅支度に戻ったり、

「いつになったら、出発するのだろう?」

と思ったけれど、ぐるぐる回って、AM2時半ごろに、やっと本当に出発。(したようだ。)

彼の家で、真っ黄色の粉末を溶かしたようなジュースを「空のミネラルウォーターのペットボトル」に入れたものくれたり、彼は親切なひとのようだ。
(気持ちは受け取るものの、甘すぎて、ひとくちで気持ちもいっぱいに。)

移動の車両は、
日本からの中古車のトヨタ カローラ フィールダー。

寒いくらいにA/Cをきかせてくれる。

そして、ミャンマーが暑いからか、途中の休憩エリアのような場所で、エンジンを水を冷やすために止まった。

オーバーヒートするのだろうか?
4時半。。眠い。

サービスエリア

でも、満月がきれいな夜。
フルムーン

再出発

気持ちを取り直して、再度、出発。

わたしたちが、疲れて寝ている中、猛スピードでの運転。

夜が明け始め、明るくなってメーターをのぞくと、130kmくらい出している!(驚)
命の危険をやや感じ、そそくさとシートベルトを締める。

2度の給油

ヤンゴンを出て、太陽が昇った頃、また、給油。

給油中、なぜか車体を振り続ける。
前回も同様で。謎な行動。

ガソリンスタンド

給油し、支払い金額をみると、32,000Kyat(チャット)ほど。
(換算レート 1MMK=0.081円 2018年4月時点)

エアコンがんがん、急発進・急ブレーキで、燃費がよくないこともあると思うけれど、燃料代を払って、高速代も払って、身入りは良くはなさそう。

高速道路

いたるところで、道をきいて、「歩き方」にある宿(ゲストハウス)まで、何とか送り届けてくれた。
『実は、バガンまで、来たことないんだろうな?』と、そう思うと、ドライバーさんが愛おしく思えた。

道中

無事に、チェック・インして、
そのあと、もっとドライバーから当日の観光などを営業されるのかと思いきや、去っていくドライバー。

「ミャンマーの客引きは、こんな感じなのか?」
とても、あっさり。

ドライバーさん、寝ないで運転してくれて、慣れない土地への運転、ありがとう!!

初日の宿。

日本人 2人組は、ツインの個室、
わたしはドミトリーと、

それぞれチェックインして、2人とも「じゃあ」と言って、別れる。

ドミトリーの部屋は、シングルベッドが5つのドミトリー。
ACもついていて、1泊 9USD。

ドミトリーで、決して安くはないが、ミャンマーの宿泊費は、そこそこする相場のようだ。

ドミトリーだったけれど、結局、誰も入ってこなくて、広い部屋にひとりで快適に過ごせた。
さすが、1年で一番暑い時期、オフシーズンなんだろうなっ。

バガンの様子は、また明日に。。。

みなさんも、素敵なGW最終日を。。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。