ホリエモン万博 書道パフォーマンス オープニング 〜 六本木で節分祭り

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

毎年、節分の週末に開催されるホリエモン万博。
今年も参加した記事をあげていきたいと思います。

昨年のホリエモン万博のまとめ記事。

ホリエモン万博

10時に開場に合わせて、チケットの受付が、ベルサール六本木で。

並んでいると主役の堀江貴文さんが車で登場。

今年のチケットはこれまでのリストバンドから、システムが変わっている。

会場の中では、現金ではなく、ギロッポンという通貨が使われる。

シルバーチケット(3万円 2/1のみ)では、2枚(1000円相当)をいただく。

会場

B1の会場。
ステージの周囲は、VIPチケットのソファ席。

シルバーチケットや一般席は、このようなスペース。
昨年までより、席数が少ないイメージ。

10:30になり、2020年 ホリエモン万博が開幕。

昨年は、赤鬼と青鬼だったけれど、
2020年は、ゴレンジャーに。

これから長いホリエモン万博の週末のスタート。

書道パフォーマンス

オープニングは、ライトが落とされ、
書道のパフォーマンス。

◼️書道パフォーマンス

つづいて、堀江さんが登場して、書を。

「魔」・「滅」・「福」・「来」
の文字が完成。

ライトが付き、オープニングのパフォーマンスは終了。

つづいては、怒濤のトークショーが始まる。
それは、続いての記事に。。。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。