【鳥羽】三重 伊勢志摩「鳥羽マルシェ」〜 産直、地産地消の新鮮な魚介と野菜

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

鳥羽への旅行でいつも立ち寄る「鳥羽マルシェ」。
昨年の訪問から再訪。

鳥羽駅までの移動の記事は、こちらに。

昨年訪れた際の様子は、こちらの記事になります。

鳥羽マルシェ

JR・近鉄の鳥羽駅から徒歩2分にある鳥羽マルシェ
◼️公式HP

入り口には、パンやみかん。

イチゴ。

干し芋やお芋のチップス。

アワビめしや海藻など。

ふのりなどの乾燥した海藻も。

野菜

立派で新鮮なキャベツ。
レモンなども。

大根もこの大きさで150円とかの価格。

葉付きの大根と反対側の柑橘と。

規格外の大根は、100円で。

袋入りの鮮魚が発泡スチロールに並んでいる。
こちらは、下処理対象外のようです。

安楽島産の牡蠣(120円)
加熱用で、奥の売店(キッチン)で焼いてもらえます。

パックのお造り。

むき牡蠣。

昨年は自己責任で加熱用を生で食べたりしましたが、今年は「生食用」も!

子どもが興味津々の水槽。
3歳児のたそがれ。

レストラン

ビュッフェレストンラン。

価格が大人1500円に、改定されたようです。

マルシェの外は、すぐ海。

そこでテーブルがいくつもあって、
買ったものを食べられる。

男子の3人組が写真をとっている。

許可を得て、お造りを撮らせていただいた。
これで、3千数百円だそうです。

お魚やサザエを300円で調理していただけるので、それをそのまますぐに食べられるのが、こちらのうれしいところ。

醤油とわさびはいただけますが、その他の調味料は持参されることをおすすめします。

牡蠣

そして購入した生食用の牡蠣。

こんなにたくさん、ぷりぷりのものが。
これで1280円。

甥と姪たちも、イチゴやお芋のチップスだったり、近くで買ったコロッケなどを楽しんでいた。

アクセスは、こちらから詳しく。

今回、ビュッフェは行きませんでしたが、食事の様子は、昨年アップした記事でご確認ください。

鳥羽のオススメのスポットなので、鳥羽への観光の立ち寄りに検討されてください。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。