靖国神社「春の夜桜」五分咲き 〜 コロナで宴会禁止、穴場の年かも。静かな境内。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

3月14日に1953年の観測開始以来、最も早い開花を記録した東京の2020年の春。

SNSには、満開近い桜があがっていたので、連休最終日の夜に毎年訪れる靖國神社へ。

靖国神社

夜の靖國神社。

参道も人はまばら。

しまっている鳥居の奥の扉。
内苑は季節により閉門時間が異なりますが、3月から10月までは18時になります。

境内の案内図は、こちらの公式HPから。

境内

第二鳥居から第一鳥居までにある桜の木。
例年は屋台などで賑わっているのに・・・。

簡易バリケードが張られていて、
静かな境内。

18時から8時半まで立ち入り禁止エリアに。

飲酒、宴会禁止の看板。

新型コロナの拡散防止のために、残念ながら今年はライトアップや宴はできないという。

毎年であれば屋台で賑わっている境内がこの閑散。

例年4月に開催される奉納相撲も中止になったそうだ。

賑やかなお花見は、もちろんいいけれど、このように人気のない靖國神社も例年では経験できないいい風情かも知れません。

誰もが想像していないことが起きている今だからこそ、心の平穏を。。

千鳥ヶ淵の様子は、こちらの記事から。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。